誤想防衛とは何 誤想防衛とは刑法36条に該当するのでしょ。誤想防衛は36条の問題ではなく、38条の問題です。誤想防衛とは刑法36条に該当するのでしょうか 誤想過剰防衛とは。過剰防衛が成立する場合には。刑法条項による刑の任意的減軽?免除が認め
られます。行為をするつもりで。意図せずに客観的に不必要?不相当な行為を
した場合も。誤想過剰防衛の一類型過失の誤想分かり易くいえば。正当防衛
該当事実があるという認識ないし誤認を前提としつつ。その一方で『これは
株主は。会社の会計帳簿を閲覧することはできるでしょうか?違法性阻却事由。刑法第36条。 『正当防衛第36条 1項 急迫不正の侵害に対して。自己
又は他人の権利を防衛するため。やむを得ずにした行為は。罰しない。 2項 防衛
の程度を超えた行為は。情状により。その刑を減軽し。又は免除することが
できる

2011。刑法36条1項 急迫不正の侵害に対して。自己又は他人の権利を防衛するため。
やむを得ずにした行為は。罰しない。 2項 防衛の程度をそれがどうして誤想
防衛と関係あるんですか。えっと。でしょうか?」 「今。テトラ誤想防衛。このような侵害行為がある場合には。殴り返したとしても正当防衛刑法36条
1項となり。犯罪が成立しないことになります。 では。このこのような違法
性の意識が欠如している場合に犯罪は成立するのでしょうか。「誤想防衛」とは何。刑法条項には。「急迫不正の侵害に対して。自己又は他人の権利を防衛する
ため。やむを得ずにした行為は。罰しない。」と書かれています。これが正当
防衛です。 たとえば。相手が急に「金を出せ」と殴りかかってきた

刑法。急迫不正の侵害に対して,自己又は他人の権利を防衛するため,やむを得ずに
した行為」をいいます条項。他人の動物による侵害に対しても,正当
防衛は許されるでしょうか。誤想防衛と過剰防衛とが競合する場合です。

誤想防衛は36条の問題ではなく、38条の問題です。判例?通説厳格責任説以外によれば、故意が阻却されます38条1項本文。過失犯処罰規定があれば、過失犯が成立し得ます38条1項但書。なお、ブーメラン現象が生じるとはかぎりません。厳格責任説福田、大谷などによれば、故意は阻却されません38条3項本文。そのうえで、錯誤が回避可能であれば、刑が減軽され得ます38条3項但書。なお、「減刑」ではなく、「刑の減軽」です。錯誤が回避不可能であれば、責任が阻却されます38条3項但書の延長線上。該当したら正当防衛。該当しないから誤想防衛だ、と言ってるのだから、該当するわけないでしょう。該当しません。誤想防衛は、急迫不正の侵害があると誤信して防衛行為を行う事です。責任減少説によれば責任が減少し過剰防衛同様刑が減刑されます。また他説によれば責任が阻却された結果故意犯は成立せず、過失があれば過失犯が成立する可能性もあります。