織田信長は 織田信長が一番苦戦した敵って石山本願寺ですか。苦戦というか手を焼いていたことは確かでしょうね。織田信長が一番苦戦した敵って石山本願寺ですか 織田信長か。この教えを頑なに信じ。死をも恐れない狂信的な門徒衆に支えられて。『本願寺
』は蓮如の死後年もしない間に。実態として巨大な”戦国大名”として。君臨し
始めていたと言う事が言えそうです。 しかも。織田信長が最もなぜ一向一揆は信長にケンカを売ったのか。浄土真宗本願寺派ががなぜ戦国大名化し。織田信長と敵対して抗争を繰り広げた
のか。その背景と結末について紹介します。大学?神田千里教授の著書『一向
一揆と石山合戦』を基に。筆者の見解を交えて回にわたって解説しています。
こと浄土真宗本願寺派が勢力を拡大し。加賀一向一揆で守護大名を撃滅させる
までに至った過程を紹介しました。らが反乱して起こったものであり。本願寺
派がすぐに加賀一国の支配を確立したとは言えなかったようです。

織田信長が一番苦戦した敵って石山本願寺ですかの画像。5分でわかる石山本願寺の歴史。ホンシェルジュ 織田信長にとって最大で最強の敵ともいえるのが。石山
本願寺。この記事では。当時の宗教と政治の関係を踏まえつつ。一向一揆と
信長の対立など。石山本願寺がたどってきた歴史をわかりやすく解説していき
ます。周辺にはの支城が築かれ。それは織田信長をもってしても苦戦する
ほどの鉄壁だったのです。さらに。法華宗や。近江の守護である六角定頼らに
よてって浄土真宗本願寺派の拠点だった山科本願寺が焼き討ちにあう事件が織田信長は。なぜ。織田信長はあれほど石山本願寺にこだわったのか? なぜ。あれほど戦いが
長期に泥沼化したか? その理由は戦国の世で一番大切だった領土という戦利品
がなければ。戦いは単なる殺生になってしまう。 いくら絶対

戦うお坊さんは大名よりも強し。織田信長が戦に負けるイメージってありますか?正直。強いしかし。彼を年
もの長きにわたって苦しめた相手がいたんですよ。顕如けんにょを頂点と
した浄土真宗本願寺教団は。当時は戦国大名を上回る力を持っていたんです。織田信長最大の強敵は武田信玄。ベスト歴史文庫『信長?本願寺十年戦争 信長が最も苦戦した戦い』3月19日土
発売! ライフ 信長の「天下布武」の過程で大きな障害となったの
が。各地の一向宗門徒であり。石山本願寺であった。一向宗門徒の殲滅を計る

苦戦というか手を焼いていたことは確かでしょうね。ただ、武田や上杉のような戦国大名と違って、遠征軍を組織したり、機動的な軍団運用をして他国領土に攻め込むようなことはなく、拠点に立てこもり反乱するのがほとんどでしたので、時間をかければ鎮圧できたと思います。ただ、信長の目指した武士階級のみによる民衆の一元的な支配体制の確立にたいし、明確に抵抗し障害となったのは石山本願寺を中心とした一向宗徒です。美濃の斉藤や越前の朝倉のように、武士階級との抗争は、戦の勝敗により相手大名を討ち取ってしまえば、その支配権と武士階級の武力をそのまま引き継ぐことができるし、所領を安堵すれば彼らの忠誠心も得ることができる。しかし、宗教勢力との争いはそうはいかない。勝利しても、逃亡したり、反乱を画策したりするし、何よりも所領や報奨金よりも、宗教指導者への忠誠を優先することを非常に危険と考えていたと思います。そのため、彼は支配に抵抗する宗教勢力とは徹底的に戦い、弾圧しています。一向宗ばかりか天台宗の比叡山延暦寺の焼き討ち、真言宗の高野山の宗徒の大量虐殺など。信長は、本能寺の変がなければ、高野山の焼き討ちもあったと言われています。また、本願寺などの宗教勢力を支援し結託して、領国支配権を強化していた武田信玄を非常に嫌っていたことも周知の通りです。武田信玄とは最後まで会戦を避けていましたし、上杉謙信とは1回だけでしたが、配下の柴田勝家に指揮させた大軍を壊滅させられています。おそらく、彼ら相手では自信がなかったのでしょうね。そうです信長包囲網の時から信長は右に左に困ってます他の国のトップは殺されてますが本願寺だけは退去で済んでます長男は退去を拒否しちゃいましたが秀吉に協力してたりするので信長もコイツだけは和睦で済ましてます史実レベルで信長のライバルは顕如です何処もかしこも ドコモ竹だぞ戦は知枯れるノダ 現代であるなら家来等にチオビタ?リゲイン飲ませ戦うんだと激れる??本願寺も他も全部燃やしてしまうんだ??ニャンデ?? しょれはね仏も神も居ない??????!!おら′?д?`同意しまつ。織田信長じしん自分で指揮して合戦せずに柴田勝家に丸投げ、した上杉謙信が信長にとって最も強敵だったでしょう。実のところ、越後勢との合戦で織田は上杉謙信が生きている間、合戦に勝てません。上杉謙信は定説では勇猛で強行突破を好む戦術を取る武将になってますが越中、加賀を巡る織田との戦い、では祖父いらいの仇敵の一向一揆を味方に付けて戦ったが対する柴田勝家ひきいる織田軍は一向一揆と上杉軍を、まとめて敵として戦ったので分が悪かったので勝てなかったようです。時間的な拘束という点では、間違いないでしょうね。約10年間に渡り、抵抗を続けた結果、信長の版図拡大の最大のブレーキになったと言えます。一番苦しい戦いは、本願寺の変です。明智光秀、謀反。と、報告を受け是非もなしといって、打つ手だてはない。と悟っています。