米国の統治の仕組み 日本の国会地方議会や選挙は全て 日本。議員は日本国籍があれば立候補もなることが可能帰化したものが立候補できるのが落とし穴多重国籍でも可能帰化議員がいるので国政が崩壊していく立候補時に戸籍開示を義務付けるべき立憲民主党をはじめ野党は外国人の地方参政権を主張するとんでもない反日行為>在日を含めた外国人の生活保護支給や在日特権の廃止、外国人犯罪者のやや厳罰化など<は強化すべきで帰化申請の許可は厳格化し入国審査も厳格化悪質在日の強制送還も検討すべきです選挙だけではなく、すべての労働力も日本人の手で。日本の国会、地方議会や選挙は全て 日本人が担当しないと行けないと思います 蓮舫や在日の人間が国家権力側に今も過去もいたりしますが、日本は単一民族的国家に近いです 日本人の行く末は日本人が決め、在日を含 めた外人は国の中枢から排除すべきです 在日を含めた外国人の生活保護支給や在日特権の廃止、外国人犯罪者のやや厳罰化など ちなみに役所の公務員等では働くのは自由ですが、判例通り強力な権力を持つ公務員になる出世を一切禁止するべきです どうですか 総務省。小選挙区選挙と比例代表選挙が。同じ投票日に行われます。総選挙は。衆議院
議員の任期満了年によるものと。衆議院の解散によって行われるもののつ
に分けられます

国会のしくみと法律ができるまで:キッズページ:参議院。三権分立と国会 国の権力を立法権?行政権?司法権の三つに分ける仕組みを三権
分立といいます。 これ第19区。駒大は。「駒澤大学を楽しもう」をコンセプトとするサイトです。
教員の研究を紹介する「ラボ駅伝」。仏教行事のおはなし。卒業生や名誉教授の
インタビューなど様々なコンテンツを配信していきます。米国の統治の仕組み。上院と下院のつの議院に分かれており。新しい法律が効力を持つためには両院が
合意する必要がある。 連邦政府は つの別個の部門。すなわち立法府。行政府。
司法府から成り。各々が明確に定められた

議員は日本国籍があれば立候補もなることが可能帰化したものが立候補できるのが落とし穴多重国籍でも可能帰化議員がいるので国政が崩壊していく立候補時に戸籍開示を義務付けるべき立憲民主党をはじめ野党は外国人の地方参政権を主張するとんでもない反日行為>在日を含めた外国人の生活保護支給や在日特権の廃止、外国人犯罪者のやや厳罰化など<は強化すべきで帰化申請の許可は厳格化し入国審査も厳格化悪質在日の強制送還も検討すべきです選挙だけではなく、すべての労働力も日本人の手で!安倍の海外労働者移民政策大反対。日本に外国人労働者は必要ない。まぁ、敢えてこちらで質問しなくても、選挙で選ばれた国会議員が法律を決めて、法律に従って行政は動くわけですから、長い目で見れば自ずと国民の総意に従って、物事は粛々と進んでいくのだと思います。海外では二重国籍の人が議員や首相になることを禁止している国も相当ありますし、日本でも法律で日本国籍を有していなければなれない役職が規定されています。既に、質問者さんが訴えているのと、概ね同様の状態になっていると思います。ただ、今後間もなく数百万人単位の外国人が日本に流入することになります。彼らは当然様々な権利を主張していくことになるでしょう。その中には社会保障もあれば参政権もあると思われます。受け入れなければ最悪、暴動など治安の悪化を招いたり、逆に外国人が引き上げることで日本自体が立ち行かなくなることも考えられます。外国人が日本で働いても、実際に豊かになるのは、その働いている人たちであって日本ではありません。そこを勘違いしている人たちが一生懸命、外国人を日本に来させようとしています。今日本に必要なのは、日本人が日本で働いて、高い給料を得て、豊かな暮らしができるようにする方法を考えることなのだと思います。そうすれば、自ずと、外国人に権利を与えなければならない理由もなくなり、そうした主張に賛同する人も増えることはないでしょう。現状では、将来的に、日本人だけで日本の未来を決めることはできなくなります。何故なら、日本人だけの日本ではなくなろうとしているのですから。単一民族的国会であるという前提が揺らぎつつあるのではないでしょうか。賛成。帰化した国会議員も除外すべき。中国なんか、戦略的に帰化国会議員を送り込んできそう。