第10回悪法も法なり 『悪法もまた法なり』具体的に日本で。歴史的によく挙げられてきたのが治安維持法。『悪法もまた法なり』

具体的に日本で定められた法で、何があてはまるのかご教示ください

多分、テンションアゲアゲのこの人↓↓の言葉だと思います 「悪法も法なり」の意味と使い方?例と法哲学での意味。「悪法も法なり」という考えの根本になっているのは。「法は守られなければ
ならない」という法哲学的な考え方です。あるルールを法で定めたとして。その
法を絶対的に守らなければ秩序は保てません。しかし。その法自体第6回。「悪法も法なり」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?基本的人権が
保障されており。適正な手続きに従って作られたものでなければなりません。
大日本帝国憲法で。「臣民権利義務」の条文に「法律の範囲内において」とか「
法律に定めたる場合を除く」と書いているのは。この法治主義をよく表してい
ますまた政治家が公約を守るかという問題もあります。おっしゃるとおり。
憲法で書かれたことを具体的に実現するために作られた法もあります。

法治主義と法の支配。法律に則った政治は。あらかじめルールが定められているという点で見通しが
立てやすく。法律が民主的な手続ただ。法治主義を形式的に捉えると。悪法も
法なりということわざのとおり。融通の利かない息苦しい世の中になって日本
国憲法の存在は。法の支配を宣言したものということができます。第10回悪法も法なり。が擬せられているようであるが。語呂のよい日本語の由来の方は必ずしも明瞭
ではない。た」となっていて。法格言ができあがるおきまりのコースにならい
。もともとごく具体的な事象にのみあてはまる命題でしかなかった。 そのような
わけで。「悪法も法なり」の法格言の扱いとしては。ラテン原語をつけず。日本
語の表現としてまた。「眼には眼を。歯には歯を」という応報思想は見方次第
では苛酷なものであるが。これは。モーゼの十戒やハンムラピ法典

『悪法もまた法なり』これが本当にソクラテスの発言なのか調べて。ところが最近。この『悪法もまた法なり』という言葉の出典はソクラテスでは
ないという説を知りました。 , 。「
法は過酷であるが。それも法である」というラテン語の法諺を日本語に意訳した
もの。ソークラテース「?お前は。一国のうちにあって。いったん定められた
判決が。少しも効力ももたないで。個人の勝手によって無効にされ。

歴史的によく挙げられてきたのが治安維持法。売春禁止法。覚せい剤取締法計量法日本国憲法特定秘密保護法。適用基準があいまいだから。日本の破産法アメリカの様な破産法ならまだマシ。消費者契約法