社民党OfficialWeb 包括的輸出許可対象見直しは。だとしたら何が問題かって話なんだよね。包括的輸出許可対象見直しは「選挙を狙った安倍強硬策」じゃないのですか

https://japanese joins com/article/162/255162 html 13.包括許可制度とは。許可申請は原則個別申請で契約案件ごとに対応しますが。包括許可制度は一括し
て許可を受けることができる手続きです。いちいち包括許可の種類は。年
月日付けで見直しが施行されました。継続的な取引関係を有する同一の相手
との間に行う取引について。包括的に輸出又は役務取引を許可する制度です。「シンゾーとの友情」トランプ氏。安倍晋三首相は今回の訪米で「日米物品貿易協定TAG」の交渉開始に
応じること自体をカードとした。じらしたうえじらしたうえでの交渉開始を
日本側の「譲歩」という形に見せ。11月の米中間選挙を前にトランプ米大統領
に花を持たせるとともに。米国が中身で強硬策に出るのは防いだ。トランプ
政権は韓国。欧州連合EU。メキシコと通商の枠組みを見直してきた。

安倍政権の「対韓輸出規制」が日本の国益を損なう10の理由近藤。先週月日。経済産業省は。「大韓民国向け輸出管理の運用の見直しについて」
と題したペーパーを発表した。向け輸出及びこれらに関連する製造技術の移転
製造設備の輸出に伴うものも含むについて。包括輸出許可制度の対象偶然
かもしれないが。この日は日に投開票が行われる参議院選挙の公示日だった。社民党OfficialWeb。安倍政権は実質的な年金水準の目減りを繰り返しています。年度はマクロ
経済スライドが発動され年金額は%増に抑制され利用者の生活への影響を
調査し制度を見直すとともに。対象者が拡大しないよう法律で歯止めをかけます
。配置や資格の基準を事実上撤廃する法改悪が地方分権を隠れ蓑に強行され。
年度から全国一律の運営基準がなくなります。女性の健康と性に関する
包括的な法律を検討するとともに。刑法堕胎罪。母体保護法について見直しを
行います。

対韓輸出規制の強化と日韓の対立。各紙の見出しは,日本経済新聞以下,日経が,「対韓輸出規制,恣意的運用
の恐れ,元徴用工で対抗措置-半導体こと注3,元徴用工訴訟を巡って,
韓国に強硬措置を求める声が自民党や官邸内に高まっていたこと,さらに安倍
総理の包括輸出許可は3年間有効だが,個別輸出許可は輸出の契約ごとに得る
必要がある注8。に対して,世耕経産相は7月9日,「今回の措置は輸出
管理を適切に実施するための国内の運用見直しであり,協議の対象「選挙を狙った安倍強硬策。の材料を4日から「包括的輸出許可」対象から除外する内容だ。日本政府の
このような措置に対して。深川氏は「日本政府が準備している多様な報復カード
のたった1枚を切ったにすぎない」と説明した。今回の措置は単に

だとしたら何が問題かって話なんだよね。要件が整っていたら動機は問題にならないのが法治主義。選挙目的であろうが、報復であろうが、大事なのは建前が整っていることだよ。選挙対策のためにこの時期に対抗策を実行したことは否めませんが、G20が無事終わって一段落したところでちょうど良い時機だったと思います。米朝会談が成功して大喜びの文大統領に恥をかかせられてよかったと思います。まあ、与党の政策の全てが”選挙を狙った”ものですけどね。わたし目線では、消費税増税の是非を問いたい野党の動きを牽制して、マスコミや国民の目線を消費税10%実施から逸らせるのが最大の目的だと思いますよ。原告団が資産を現金化したら報復することになるわけだし、選挙は関係ないけどね少なくとも包括的輸出許可対象見直し以上のものはやると警告しているだけだし