日韓がWTOで応酬 日本が韓国に輸出規制強化したけど友好。日本と韓国は友好国ではありません。日本が韓国に輸出規制強化したけど友好国じゃないの 韓国のホワイト国除外は貿易上の問題。日本政府は韓国を「ホワイト国」輸出優遇国から外す輸出規制強化を決めた
。懸念される日韓関係の行方はどうなるのか。ジャーナリストの須田慎一郎氏は
当サイトの取材に対し。あくまで韓国側に貿易上の問題があっ韓国の〝告げ口外交?いまだ健在。康京和外相が月日。日本からの輸出規制に関連して。米国のポンペオ国務
長官に電話で韓国の窮状を訴えた韓国の〝告げ口外交?いまだ健在。輸出規制
で米に泣きついたけれど…これら物質の流出先は。シリアやイランなど北朝鮮
の友好国。を示した」というが。米国務省の発表は。「北朝鮮の非核化での
協力。日米韓3国の連携強化を確認した」と長官が。輸出規制に関して康外相
の説明に「理解」を示したなどということには一切言及されていない。

日本の「対韓輸出規制」は安全保障上の理由。ところが。報復目的の輸出規制強化に内外で批判が高まったことや。韓国が
WTO世界貿易機関への提訴に動き出すと。政治上の理由ではWTO違反に
なりかねないと危惧したのか。「安全保障上の理由」を前面に日本政府。日本政府は日午前。貿易管理上の優遇措置を受けられる「ホワイト国」のリスト
から。韓国を除外する政令改正を閣議決定した。これにより。日韓のこの貿易
紛争が悪化した背景には。第次世界大戦中の日本企業による韓国人徴用工問題が
ある。 <関連記事>韓国では。この輸出管理強化が。失速しつつある韓国経済
に打撃となりかねないと懸念が出ている。 半導体製造は韓国の日本政府の対韓輸出規制強化について。また。経済産業省は月日より。韓国に関する輸出管理上のカテゴリーを見直す
ため。外為法輸出貿易管理令別表第の国いわゆる安全保障上の友好国である「
ホワイト国」から。韓国を削除するための政令改正について。パブリック
コメントの募集手続きを開始しました。仮に法令が改正された場合。軍事転用の
恐れがある先端技術などを韓国に輸出する際に許可が必要となります

日韓がWTOで応酬。日本の「輸出優遇除外」をめぐり日。で日本と韓国が激突しました。
韓国側が「日本に対して輸出規制強化の措置を撤回して二国間の交渉に戻ること
に。反対する人は立ってほしい」と突然呼びかけたのです。元に戻すだけだと
言ってもそうじゃなくて。それが輸出規制。優遇除外にあたってしまうのでは
ないかということですね。北朝鮮の友好国に向けた違法輸出が増え続けており
。第三国を経由して北朝鮮に渡った可能性を排除できない」として指摘半導体の国際供給に影響も。政府は日。韓国への輸出規制を厳しくするため。半導体材料の審査を厳密にし。
安全保障上の友好国の指定も取り消すと発表した。韓国政府は対抗措置の検討を
表明し。半導体大手ハイニックスは工場の操業継続への懸念に言及した。
半導体メモリー韓国への輸出規制は段階で強化する。まず日関係者は
日本経済新聞の取材に対し。同社の在庫量は「カ月は無い」とした。

?脱日本?の成功をすごく強調する韓国。輸出規制から年?実態はどうなっている高騰した韓国フッ化水素メーカー株
プレジデント 約年前。韓国で日本の半導体材料輸出“規制強化”に反発
した日本製品不買運動が起こった。それだけではない。昨年月韓国への輸出規制って。韓国に対する輸出優遇措置を見直し。半導体関連原材料の輸出規制を強化。「
徴用」をそうね。日本としては異例の措置となるけど。その背景には太平洋
戦争中の「徴用」をめぐる問題などで日韓関係がぎくしゃくしていることがある
と言われているよ。だけど。その対抗措置をとったわけではないし。自由貿易
に逆行するものでもないというのが日本政府の立場。まず。韓国に対して。
安全保障上の友好国に与えている輸出管理の優遇措置を見直すんだ。 日本

日本と韓国は友好国ではありません。友好国にレーダー照射はしません。だから、安全保障上の措置としてホワイト国指定を解除しました。たったそれだけのことです。韓国は制裁でも何でもないのに騒ぎすぎです。リーダーの条件とは利益と尊敬、少しの恐怖、その潤滑油がユーモアだby野村克也ゴルフ外交の失敗なのは、閲覧が50万台しかない、前の日にバンカーに穴を掘っておき、「トランプ大統領待ってください」と呼び止め、うわー落ちると手をふり「何のこれしき」と体を丸めて後方回転、ゴロゴロゴロ、スポッと穴に落ちて足バタバタ「助けてお母さん」とやれば閲覧増える、母性本能くすぐり、女性票獲得する、そうすればロシアにも女性に選挙権ある、「プーチン大統領!安倍総理をいじめちゃだめでしょ」と援護安倍総理 ゴルフ外交“珍プレー”______________人生の最大の敵とは、鈍感by野村克也-苦労とは、「しなくてもいいこと」で苦しむことby野村克也大阪城エレベーター失言は難しい、ゴルフ場ならクラブふり下ろした時、足に打ち付け「痛い」と転げ回るか、振り上げた時ボールを後ろに飛ばしてボールを追い掛ける、慌ててトランプ大統領のカートにぶつけてカートを倒すなど色々だが、エレベーターは密室状態、何もない。______________大切なのは予測予防に予備知識by野村克也。うーむ河野外務大臣を呼び、安倍総理「世界の首脳の前でスピーチするので協力して欲しい」「はい総理」エレベーターに一緒に入ったところでおならをする、世界の首脳が集まるときのスピーチ安倍総理「私は昨晩餃子を食べたことを忘れてエレベーターでおならをしました、あまりの臭さに倒れるところでした、後ろを見ると河野外務大臣が泡を吹いて気絶していました」世界の首脳「それで眉間にしわがあるのか」安倍総理「つまり国際社会にも同じように鈍感であっては後で苦労することになります、「文大統領、うそをついて謝らないのであれば私と一緒にエレベーターにのりましょう」受けたら日本がリーダーだがうけるかどうかわからんので爆問太田と仲直りすること______________どうもつまらん笑いが弱い理由に消費税の価格転嫁できなかった企業が六割つまり消費税は人件費を奪っています。働きかた改革のほうが先、食品の消費税は下げたほうが安全。韓国の最大の友好国は、、、ガンビアです。ガンビアから輸入してもらいましょう、特恵国待遇で^^/ガンビアって北朝鮮とも仲がいいんだよ\^o^/国家間の有効って何だろうか?友好的措置をしてなんぼで培われるものですよね敵対的措置をするなら同じようにと言うのが正常な関係どちらかが取り繕うことではないでしょうね。一度味をしめると何度でもロビー活動で常識をひっくり返したあの現実に夢を見るのです。文政権が北との親密な関係を持っている為、日本としては日本製のもので核兵器等の材料にされている疑念がある以上、諸外国から批判を受ける前に行った措置。アメリカ等に仲裁の要請を出したりしていますが、実際世界的に日韓関係には関わりたくないってのが本音。WTOに提訴しようが文大統領がお得意の独善的主張で問題の本質を履き違えているので、何も解決しないでしょう。韓国云々ではなく、現状問題なのは、文政権なのです。正直このままでは、韓国の急速な衰退は明らかです。職に溢れた難民が出てもおかしくない状況。個人的にはいち早く韓国国民が無策無能無望な文政権に対して大きく解散を求め、関係を正常化しないと反日運動なんて、間抜けなことすら出来なくなるという事を理解して欲しいですね。韓国は友好国じゃありません。大韓民国の憲法前文に日本の統治時代におこった三.一独立運動後に、中華民国の上海市で結成された大韓民国臨時政府の流れをくみ大韓民国は建国したとの内容が記されています。憲法で反日国とうたっています。現に竹島の領有を主張しているのに国際司法裁判に応じず不法占拠しつづけています。今回の半導体材料の輸出規制は優遇措置からはずすと言っているだけで輸出禁止ではないのでやり方うまいなと思います。在庫は少なく韓国企業が同レベルの品質のモノもすぐには作れないので半導体企業は大打撃ですね。日本はスマホ等のメモリに韓国製を使っていると思いますが、日本製で代替えできるので影響は大きくないと思います。もっと輸出規制を拡大する方法として日韓貿易の決済は信用取引が中心で、信用状は日本の銀行を使っているので、これを止めれば壊滅的だと思います。韓国の銀行が信用状を発行できると思えないですから。今回のことは近い将来、米韓同盟が消滅することを前提としてると思います。日本が今までサンドバックにされ続けても遺憾だけで済ませてたのも、互いにアメリカつながりがある友好国だから。でも文大統領は南北統一を理由に同盟を破棄したがってるようだし、それなら経済的に潰しても構わないでしょ。ってことでアメリカとも協議の上で今回の制裁に踏み切ったんじゃないかと思います。テロ国家に禁輸品を密輸する犯罪国家としていますテロ支援国ですよ安倍晋三氏や、その支持団体でもある、日本会議や神政連などの歴史修正主義者団体にとって??それに、反対する韓国は、許せない存在なんです。まったく、政権の個人的な信条で、国際関係はメタくそにされてるんです。友好国ではありません。私も断言します。日本政府を支持します。かつての約束を破棄して、捏造した徴用工問題で日本及び日本企業からお金を騙し取ろうとする国を友好国と呼ぶ日本人は好き嫌いの尺度だけで生きている平和ボケの人間です。或いは日本に恨みを持つ奇特な日本人です。少なくともこれからは友好国扱いできないという事。告げ口外交をした前大統領の時代から友好国じゃない単に軍需物資の輸出規制を強化しただけで、当たり前のことです。ホワイト国からはずされるということは、その他大勢の国のひとつになるということです。もう特別な友好国ではありません。何をもって友好国なんて言えるんでしょう?友好国だって言ってる人は、K-POPや韓流ドラマの好きな人?左翼で韓国寄りの考えを持つ人くらいで、ほかの日本人は、ほとんど、韓国の反日を見て嫌な思いをしていると思うんですけど。逆に聞くけど、友好国じゃないの?って聞く、あなたの根拠は何なんでしょう?韓国がWTOに提訴するみたいだけど、日本の立場として、?ホワイト国からの排除これは、韓国がレーダー照射したり、北朝鮮と瀬取りの疑い濃厚だったり、条約や合意文書を意図も簡単に破ったり、とにかく、世界の常識から逸脱している国家として、ホワイト国への参加は認められないのは当然のことです。なんで、韓国みたいな国がホワイト国だったか?そっちが疑問です。?フッ化水素などの発注を厳格規制これは、韓国は今まで、優遇されていたんです。それを優遇措置から、通常の措置に移行すると言うだけで、制裁とまでは言い難い日本側の処置ですよ。仮に提訴されたとしても、それをしっかり説明すれば、韓国の勝訴は望み薄でしょうね。しかし、福島産の海産物で、韓国側に提訴されWTOで日本が敗訴しましたが、今度は、そうは行きませんよ。日本側だって、根回しくらいするでしょ。友好国ではありません。友好国ならレーダー照射をしません。友好国なら慰安婦や徴用工の問題を捏造しません。友好国なら竹島を占領しません。友好国ではないでしょうね。火器管制レーダーで脅すような国ですから。より正しいニュアンスで伝えようとするなら、依怙贔屓を止めて公平な待遇に戻した…ってだけの話でしょ。それなのに、優遇されない事を以て「制裁」だとか「対抗措置」だとかって感情的に喚き散らす様な連中が「友好国」の筈も無い。友好国であったのです。レーダー事件が、決定的になったと思います。友好国には、レーダーを作動させないのが、当たり前です。日本を敵として、扱ったのです。その後の言い訳の見苦しさ、実に不思議な対応でした。中の悪い、米中でさえしない事です。友好国じゃないよ、日本人の堪忍袋の緒が切れたんだよ。韓国は政権が変われば国際条約さえ無効とし、まるで日本を敵国扱いにしてしまう。未来志向といいながら政府間で解決した過去の問題を何回もほじくり返す。ツートラックなどと自国に都合のよく話すが日本はそんなペテン話にのるほどお人好しではない。韓国は早く独裁共産主義の北朝鮮と統合すればいい、そうすれば名実ともに日本の敵国となる。誤解している人が多いけど規制をしているわけでは無いです。単に優待扱いを止めただけです。友好国ではあるけど、約束を守らないので信頼できないと言う言い方をしてますが要は報復ですね。日本の内閣は、すでに韓国が友好国だという意識はありません。友好国というか、100年来の親代わりです。世界各国に北朝鮮を持ち上げてみたりして、気持ち悪がられていたので、心を鬼にして躾けているのです。韓国政府は世界貿易機関WTOへの提訴を検討しているが、結論が出るまでには1年半~2年かかり、韓国にとっては勝訴した場合の利益よりもその間に生じる損失の方が膨大になりそうだ。各企業が現在確保する材料の在庫は約1カ月分で完成品の在庫を加えても3~4カ月しか持ちこたえられない。日本政府はあくまで、韓国への「優遇措置を廃止」したのであり、WTOルールに反しないという主張だ。韓国政府の常套手段は、反日世論を引き起こし、日本側の譲歩を引き出すものだが、これに乗ってはならない。文在寅政権に国際法を順守させ、元徴用工訴訟などで日本企業に実害が出ないようにするためにも、他の優遇措置を廃止すべきだ。韓国側は、日本の政治家ら有力者に手を回して、水面下で動いているが、決して引いてはならない。禁止でも規制強化でもありません。これまで韓国を友好国として扱い貿易手続きを簡略化してきましたが、友好国としての扱いをやめて通常の申請手続きを経た貿易に戻しただけです。もちろん、韓国がこれ以上日本や日本企業に被害を及ぼす行動を起こせば、いつでも禁輸処置が取れると警告したのでしょう。その時は日本政府は禁輸と言わず、申請書類に不備が有るといえば韓国側の問題で韓国は輸入できなくなります。WTO違反にもなりません。これが日本政府の考えです。ただ韓国は素人外交に成り下がってしまったので、この意図が読めずにかえって日本に過激な行動をする可能性はありますね。●韓国は半導体「国産化」できる? 日本の「輸出規制」で設備開発強化へ 2019.7.3 日本政府による、韓国への半導体材料の輸出管理強化を受け、韓国政府が半導体の材料や部品、設備の開発に毎年1兆ウォン約920億円規模を集中投資する方針であることが3日、分かった。韓国の与党幹部が明らかにした。国産化を急ぐ狙いとみられるが、果たしてできるのか?与党幹部によると、韓国政府は今月中に半導体材料などの競争力強化に向けた詳細な対策を正式に発表する予定。半導体製造に必要な高純度フッ化水素は、日本企業が世界シェアの約8割を握っている。日本には、1世紀に及ぶ技術の研鑽とノウハウの蓄積がある。韓国紙?朝鮮日報も3日、「韓国の製造装備国産化率18%、日本に付け込まれるとさらなる打撃」というタイトルの記事で、「国産化にも、とてつもない時間が必要だ」「日本は100年以上も精密化学素材産業で世界最高水準にある」と記している。韓国政府はさらに、日本政府の措置を世界貿易機関WTOに提訴する方向で本格的な法律の検討に着手したという。このほか、韓国のネット上では「日本旅行を禁止しよう」と呼びかける声もある。●対韓輸出規制:韓国の製造装備国産化率18%、日本に付け込まれるとさらなる打撃08:42朝鮮日報/朝鮮日報日本語版金城敏キム?ソンミン記者 大手半導体メーカーのSKハイニックスは昨年10月、忠清北道清州でM15工場完工式を行った。この工場はSKハイニックスが計20兆ウォン約1兆8500億円を投じたNAND型フラッシュメモリ電源を切ってもデータが保存される半導体メモリの生産工場だ。ここには4000台を超える半導体製造装置がある。しかし、韓国製は20%に過ぎない。それ以外は日本?米国?オランダ製だ。韓国企業が最先端機器を作れないからだ。韓国は世界第1位の半導体製造国だが、半導体を作るのに必要な素材や装置は他国に依存している。韓国にある半導体製造装置の国産化率は18.2%、素材の国産化率は50.3%に過ぎない2017年基準。中でも、半導体素材分野における日本への依存度は50%近い。韓国大統領府は2日、今回の日本政府による経済報復のような事態を防ぐ案として、輸入先の多様化と国産化推進を挙げたが、半導体業界は、「すぐに実現できる目標ではない」と難色を示した。半導体製造に使われる数百種の素材は製造会社が違うと微妙に性能が変わる。同じ品目だとしても、ほかのブランドの化学物質を購入してすぐに使うのは難しいのだ。化学物質は変更されるたびに全工程で調整が必要になる。日本が輸出規制を強化したレジストの場合、全世界で90%を日本企業が生産している。サムスンやSKハイニックスが世界最高水準の工程に使うだけのレジストが作れる企業は日本企業以外にない。国産化にも、とてつもない時間が必要だ。化学物質を扱う素材開発は長年のノウハウに基づいている。日本は100年以上も精密化学素材産業で世界最高水準にある。こうした素材?機器産業の特性上、韓国企業は海外依存から脱却できていないのだ。韓国輸出入銀行海外経済研究所によると、2017年時点の世界半導体製造装置市場は米国44.7%と日本28.2%が握っており、韓国の占有率は3.6%にとどまっている。現在、全世界の半導体製造装置10大企業は日本企業が5社、米国企業が3社、オランダ企業が1社、韓国企業が1社だ。韓国の日本への依存度は高い。韓国が日本から昨年輸入した半導体製造用装置は6兆1211億ウォン約5651億円で、半導体装置の全輸入の33.8%を占める。半導体製造に必要な円盤状の「ウェハー」も全体輸入量のうち34.6%を日本から輸入している。日本への依存度が最も高いのは、今回輸出規制されるレジストとフッ化ポリイミドだ。この2素材の韓国における日本への依存度は90%を超える。一部国産化に成功したとされるエッチングガスフッ化水素も実は日本から原材料を持ち込んで合成?精製したものだ。韓国政府は世界貿易機関WTOへの提訴を検討しているが、結論が出るまでには1年半~2年かかり、韓国にとっては勝訴した場合の利益よりもその間に生じる損失の方が膨大になりそうだ。各企業が現在確保する材料の在庫は約1カ月分で完成品の在庫を加えても3~4カ月しか持ちこたえられない。日本政府はあくまで、韓国への「優遇措置を廃止」したのでありWTOルールに反しないという主張だ。韓国政府の常套手段は、反日世論を引き起こし、日本側の譲歩を引き出すものだが、これに乗ってはならない。文在寅政権に国際法を順守させ、元徴用工訴訟などで日本企業に実害が出ないようにするためにも、他の優遇措置を廃止すべきだ。韓国側は日本の政治家ら有力者に手を回して水面下で動いているが、決して引いてはならない。これまで韓国を友好国として扱い貿易手続きを簡略化してきましたが友好国としての扱いをやめて通常の申請手続きを経た貿易に戻しただけです。韓国がこれ以上日本や日本企業に被害を及ぼす行動を起こせばいつでも禁輸処置が取れると警告したのでしょう。その時は日本政府は禁輸と言わず申請書類に不備が有るといえば韓国側の問題で韓国は輸入できなくなります。WTO違反にもなりません。これが日本政府の考えです。●「ファーウェイの10倍」衝撃 禁輸韓国破綻 夕刊フジ日本政府が半導体製造に不可欠なフッ化水素など3品目の対韓輸出管理体制を強化する方針を発表したことに対し文在寅大統領率いる韓国政府が反発している。自由貿易の精神、常識に反するとして世界貿易機関WTOへの提訴など対抗措置に出る構えなのだ。国際法を無視した「元徴用工」の異常判決や上記を逸した「天皇陛下現上皇さまへの謝罪要求」など「反日」暴挙を自国が次々と仕掛けてきたことを忘れているのか。「韓国経済が大打撃を受ける」と絶望する同国メディアもあるが日本人の怒りは激しい。文在寅政権が続く限り「日韓関係の改善」は期待できそうにない。「深刻な遺憾を表す」「国際法と国内法に基づき日本に対しWTOへの提訴をはじめとする必要な対応措置を取る」韓国の成允模ソン?ユンモ産業通商資源相はソウル市内での会議でこう明言した。同国外務省の趙世暎チョセヨン第1次官は同日長嶺安政駐韓日本大使を呼びつけて抗議し今回の措置の撤回を求めた。韓国側の狼狽ぶりがよく分かる。日本政府が「韓国への輸出管理体制の見直し」を発表したのは、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレーに使われる「フッ化ポリイミド」と半導体の基板に塗る感光剤の「レジスト」半導体の洗浄に使う「エッチングガス高純度フッ化水素」の3品目。これまで韓国を輸出手続きを簡略化する優遇措置を受けられる「ホワイト国」に認定していたが除外した。から個別の出荷ごとに国の許可申請を求める。韓国紙によると韓国企業の在庫は1カ月分ほど。サムスン電子やSKハイニックス、LGエレクトロニクスなど韓国企業の依存度が高く規制が2019年7月中に始まれば2019年8月にも生産に影響が出そうだという。今回の措置について安倍晋三首相は朝刊の読売新聞へのインタビューで次のように強調した。「国と国との信頼関係の上に行ってきた措置を見直したということだ」「日本は全ての措置はWTO世界貿易機関ルールと整合的でなければならないという考え方だ」「自由貿易とは関わりない」韓国は2018年来「天皇陛下への謝罪要求」やいわゆる「元徴用工」の異常判決、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射事件など次々と「反日」暴挙を繰り返しては放置し国家間の信頼関係を崩壊させた。日本政府はあくまで、韓国への「優遇措置を廃止」したのでありWTOルールに反しないという主張だ。日本の毅然とした姿勢を受けて韓国メディアには「破壊的な損失」「非常事態」などと焦燥感も漂っている。朝鮮日報日本語版は、「『華為技術の10倍』の衝撃、韓国政府は日本の報復に備えているのか」という社説で、「もし日本がこの3つのハイテク素材の輸出を遅延または中止すれば韓国経済は壊滅的な損失が避けられなくなる」「日本の規制が現実のものとなれば韓国経済が受ける打撃は米中のはざまで揺れた『ファーウェイ華為技術、Huawei制裁問題』の場合の10倍になると言われている」中央日報同も、「いよいよ始まった日本の経済報復」という社説で「韓国企業は非常事態に陥った」「これら品目の供給のほとんどを日本に依存している状況で代替輸入先を探すことが容易でないためだ」「輸出の遅延ないし中断が現実化されれば関連企業はもちろん韓国経済全体が打撃を受けることになる」と記した。大阪でのG2020カ国?地域首脳会合を終えて日本政府はやっと国際法を無視する「反日」韓国への対抗措置に乗り出した。今後どうすべきか。韓国事情に精通するジャーナリストの室谷克美氏は「韓国政府の常套手段は反日世論を引き起こし日本側の譲歩を引き出すものだがこれに乗ってはならない」「文在寅政権に国際法を順守させ元徴用工訴訟などで日本企業に実害が出ないようにするためにも他の優遇措置を廃止すべきだ」「韓国側は日本の政治家ら有力者に手を回して水面下で動いているが決して引いてはならない」と話している。●首相、対韓禁輸は「信頼関係上の措置見直した」 ●08:42社説「華為制裁の10倍」の衝撃、韓国政府は日本の報復に備えているのか朝鮮日報/朝鮮日報日本語版●社説いよいよ始まった日本の経済報復、韓国政府は外交力を総動員して解決に動け07時31分 [? 中央日報/中央日報日本語版] ◆資本財輸出禁止で韓国産業の息の根が止まる!?確実に言えることがあるとすれば日本がいまだに韓国に対して幅広い分野で戦略物資を提供しているということであり、裏を返して言えば日本政府がこれらの戦略物資の提供を停止すれば韓国の産業の息の根が止まる可能性がある、ということでもあります。日本貿易振興機構JETROの韓国のページによると、日韓貿易は日本の一方的な黒字となっています2017年度。?日本から韓国への輸出…551億ドル?韓国から日本への輸出…268億ドル?日本の対韓貿易黒字…283億ドルまた、「日本の主要輸出品目」は、半導体製造装置、半導体、プラスチック製品、鉄鋼板、フラットパネルディスプレー製造装置、基礎留分、精密化学原料、光学機器、原動機およびポンプ、計測制御分析器とありますが、要するに資本財生産するための装置などが中心です。分かりやすく言えば、日本が韓国に産業用装置を輸出することで、韓国が日本の代わりに産業生産活動を行い、日本に283億ドルの貿易黒字をもたらしてくれているという状況です。もし日本がこれらの資本財について、韓国への輸出を禁止してしまえば、この巨額の貿易黒字が失われてしまいます。つまり、「日韓断交」したら、日本にも大きな打撃が生じるのです。しかし、それと同時に、日本から戦略物資が入って来なくなれば、韓国経済の方がより大きな打撃を蒙ります。さらに、意地悪な言い方をするならば、日本が韓国への資本財の輸出をとりやめれば、韓国産業の生産活動がストップし、その分、競合する日本の輸出企業に恩恵がある、という側面もあるのかもしれません。●対韓輸出規制、韓国の生産ライン停止可能性 日本に余波も2019.7.2 21:05 産経新聞日本政府が発表した韓国への半導体材料の輸出規制強化により、素材分野での対日依存度が高い韓国経済が大きな影響を受けることは必至だ。韓国企業が保有する材料の在庫は3~4カ月分しかなく、生産ラインの停止も予想される。ただ、世界屈指のシェアを持つ韓国から半導体部品の出荷が滞れば、その供給を受ける日本メーカーへの余波も避けられない。韓国では日本から供給される半導体の材料や製造装置が占める割合は70%とされ、半導体で輸出全体の20%以上を占めるサムスン電子やSKハイニックス、LG電子などへの打撃が不可避とみられている。韓国企業も材料を供給しているが、日本製品の品質の高さも加わり、「日本企業の技術力に追いつけない」のが現状だ。各企業が現在確保する材料の在庫は約1カ月分で、完成品の在庫を加えても3~4カ月しか持ちこたえられない。工場の生産ラインが停止する可能性も指摘されている。韓国政府は世界貿易機関WTOへの提訴を検討しているが、結論が出るまでには1年半~2年かかり、韓国にとっては勝訴した場合の利益よりもその間に生じる損失の方が膨大になりそうだ。一方、日本側も無傷ではいられない。スマートフォンやテレビなどの画面に使用される有機ELパネルの世界シェアは、サムスンやLGといった韓国企業が圧倒的なシェアを占める。スマホやデータセンターのデータ保存に使うNAND型フラッシュメモリーでもサムスンやSKハイニックスなど韓国企業が強い。これらの部品を使って製造する日本の電機メーカーの生産計画に狂いが生じる可能性があり、「個別の調達先はお答えしていないが事態を注視している」パナソニックという状況だ。日本総合研究所の向山英彦上席主任研究員は「韓国の半導体メモリー輸出先は中国?香港が約8割を占め日本向けは1割にも満たないが今回の規制強化で中国での生産に影響が出れば中国に進出する日本企業にも波及するだろう」と指摘している。●韓国研究者「徴用工差別は嘘」 2日の国連シンポで主張へ 2019.7.1 20:15 産経新聞戦時中のいわゆる徴用工ら朝鮮半島出身労働者の賃金体系を研究している韓国?落星台ナクソンデ経済研究所の李宇衍イ?ウヨン研究員が、ジュネーブの国連欧州本部で2日に開くシンポジウムで行う発言の主な内容が1日、分かった。炭坑での日本人と朝鮮人との待遇をめぐり韓国内で指摘される民族差別について「全くの嘘だ」と主張し、「歴史を歪曲する韓国と日本の研究者やジャーナリストは無責任な言動をやめるべきだ」と訴える。李氏はシンポジウムで、当時の炭坑の賃金台帳などから朝鮮人と日本人の賃金格差の実態を調査した結果も報告する。朝鮮人炭鉱労働者の賃金が朝鮮半島で働く教員の4.2倍になる炭坑もあったとしている。李氏は、炭鉱労働者は賃金面で他の職に就く日本人に比べても優遇されていたと説明する。韓国の映画などで「やせ細った朝鮮人労働者」のイメージが広がっていることには「当時の写真を見れば健康で壮健堂々としていた」と反論する。シンポは開催中の国連人権理事会の関連行事として開かれる。長崎市の端島はしま、通称?軍艦島の元島民らでつくる「真実の歴史を追求する端島島民の会」が制作した証言の動画も放映する。●「地獄の島」は誤解 軍艦島の元島民らが韓国側に反論2019.7.2 22:01ジュネーブ=三井美奈戦時中に徴用された朝鮮半島出身労働者が長崎市の端島はしま、通称?軍艦島炭鉱で差別的扱いを受けたという韓国側の主張に反論するため、元島民らが2日、ジュネーブの国連欧州本部でシンポジウムを行った。韓国人学者も登壇し、「賃金の民族差別はなかった」と指摘した。シンポジウムは、ジュネーブで開かれている国連人権理事会に合わせ、史実の発信を目指す民間団体「国際歴史論戦研究所」所長?山下英次大阪市立大名誉教授が主催した。元島民の坂本道徳さん65は、炭鉱員だった父や元住民の証言を紹介。「朝鮮半島出身者も同じ仲間として、一緒に酒を酌んだと聞いた」「朝鮮人を強制労働させた『アウシュビッツのような地獄の島』という誤解が世界に広がり、島の名誉が傷つけられた」と訴えた。元島民の声を集めた動画も上映した。ソウルにある落星台ナクソンデ経済研究所の李宇衍イ?ウヨン研究員は、第二次世界大戦中の日本各地での炭鉱の賃金調査を基に「朝鮮人炭鉱夫の月収は他職種の朝鮮人や日本人に比べて高かった」と指摘。奴隷労働という「歪曲された歴史認識」が広がっていると訴えた。韓国では、いわゆる徴用工訴訟で、原告側が日本の「人権侵害」を国際社会に訴える動きを見せる。国際歴史論戦研の松木國俊?上席研究員は「日本政府が朝鮮人に奴隷労働させたという主張は歴史的事実ではない」「歪曲した反日プロパガンダだ」と主張した。シンポには、軍艦島の研究家でもあるスイスの建築家、ポーリーヌ?ルバズさん30も参加。「大変興味深かった」「日韓の対立に欧州人として立場を取るかは難しいが、自国の主張は国際社会で明確に打ち出すべきだ」と述べた。●日本「対韓制裁」発動で韓国ハイテク壊滅!? 輸出規制強化でサムスン、LGなど大打撃か 専門家「日本は臨戦態勢に入った」 2019.7.1 夕刊フジいわゆる「元徴用工」訴訟での異常判決など反日政策を続ける韓国に対し、日本政府が1日、「制裁発動」を正式発表した。半導体などの製造過程で必要な素材3品目について、韓国への輸出規制を4日から強化する。これらの素材が確保できなければ韓国のハイテク産業にとって壊滅的な打撃となりかねず、聯合ニュースは、製造業に「大きな打撃」を及ぼす恐れがあると伝えた。専門家は「日本は臨戦態勢に入った」と指摘する。規制が強化されるのは、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレーに使われる「フッ化ポリイミド」や、半導体の製造過程で不可欠な「レジスト」と「エッチングガス高純度フッ化水素」。フッ化ポリイミドとレジストは日本が世界の全生産量の約9割、エッチングガスは約7割を占める。3品目は軍事転用が容易だが、韓国には手続きの簡略化など優遇措置を取っていた。日本政府はこれを今月4日から契約ごとの輸出許可に切り替える。許可の申請や審査には90日間程度を要することになるという。規制が厳しくなれば、半導体大手の「サムスン電子」や、有機ELテレビを手がける「LGエレクトロニクス」など韓国企業にも影響が及ぶとみられる。朝鮮日報は、半導体関連企業の3品目の在庫は1カ月程度とし、規制が今月中に始まり、日本からの輸出が止まった場合、8月にも生産への影響が出始めると指摘した。政府は同時に、先端材料などの輸出について、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度「ホワイト国」から韓国を除外する。8月1日をめどに運用を始め、除外後は個別の出荷ごとに輸出許可の取得を義務づける。ホワイト国は安全保障上、日本が友好国と認める米国や英国など計27カ国あり、韓国は2004年に指定された。官邸周辺によると、日本政府は規制強化について、米政府に事前に伝達済みだという。韓国情勢に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「現状では輸出の制度を変更したということにすぎないが、『ホワイト国』から外したということは、日本がいざとなれば輸出制限を課すことができるようになったということでもあり、臨戦態勢に入ったといえる」「次の措置として輸出を禁止することになれば、韓国に相当のダメージがあるだろう」と話す。二の矢、三の矢もあるのか。●半導体材料の対韓輸出を規制 政府 徴用工問題に対抗 来月4日から2019.6.30 10:44 産経新聞政府は、韓国への輸出管理の運用を見直し、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われる「フッ化ポリイミド」や、半導体の製造過程で不可欠な「レジスト」と「エッチングガス高純度フッ化水素」の計3品目の輸出規制を7月4日から強化する。いわゆる徴用工訴訟をめぐり、韓国側が関係改善に向けた具体的な対応を示さないことへの事実上の対抗措置。発動されれば、韓国経済に悪影響が生じる可能性がある。7月1日に発表する。政府は同時に、先端材料などの輸出について、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度「ホワイト国」から韓国を除外する。7月1日から約1カ月間、パブリックコメントを実施し、8月1日をめどに運用を始める。除外後は個別の出荷ごとに国の輸出許可の取得を義務づける。ホワイト国は安全保障上日本が友好国と認める米国や英国など計27カ国あり、韓国は平成16年に指定された。輸出を規制する3品目は、いずれも軍事転用が容易だが、これまで韓国には手続きの簡略化など優遇措置を取っていた。日本政府はこれを7月4日から契約ごとに輸出許可に切り替える。許可の申請や審査には90日間程度を要することになるという。フッ化ポリイミドとレジストは世界の全生産量の約9割、エッチングガスは約7割を日本が占める。世界の半導体企業は日本からの輸入が多く、急に代替先を確保するのは困難とされる。規制が厳しくなれば、半導体大手の「サムスン電子」や薄型で高精細なテレビで先行する「LGエレクトロニクス」など韓国を代表する企業にも波及するとみられる。いわゆる徴用工訴訟に関する韓国最高裁判決をめぐり、日本側は日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置を求めたが、韓国は問題解決に向けた対応策を示さないため、日本政府が事実上の対抗措置に踏み切った。経済産業省は一連の輸出規制について「日韓関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況で、信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっている」と説明している。●動かぬ韓国に強い措置 輸出規制G20までに対策示されず 産経新聞政府が韓国向けの先端材料の輸出体制を厳格化するのは、いわゆる徴用工訴訟をめぐる韓国最高裁判決をはじめ、国際約束を破り続ける韓国の文在寅政権が、今後も言動を改める様子がないためだ。政府は文在寅氏も出席した2019年6月28、29両日の大阪での20カ国?地域G20首脳会議サミットを前に解決策を示すよう求めたが、なしのつぶてだった。これ以上、対応を期待しても日本企業に実害が及ぶのを回避することは難しく、強い措置を打ち出す必要があると判断した。徴用工訴訟をめぐり韓国最高裁が日本製鉄旧新日鉄住金に賠償を命じる確定判決を出してから、で丸8カ月となった。この間、日韓関係は「韓国が作り出した問題」外務省幹部でかつてなく悪化し、「非常に厳しい状況に直面」令和元年版『外交青書』している。政府は、判決は請求権問題の完全かつ最終的な解決を確認した昭和401965年の日韓請求権協定に明らかに反しているため、判決直後から国際法違反状態を是正するよう韓国政府に求めている。日本政府は2019年1月、請求権協定に基づく2国間協議の要請に踏み切ったが、韓国政府は4カ月以上も応じないため協議では解決できないと判断し、2019年5月には請求権協定に規定された第三国を含む仲裁委員会の設置要請に切り替えた。その後も韓国政府は30日以内に仲裁委員を選任する協定上の義務を守らなかった。日本政府は3人の仲裁委員の指名を第三国に委ねる協定上の次の手続きをとるなど手順を踏んできたが、韓国側は無為無策のままだ。請求権協定違反を重ねている文在寅政権は、他にも慰安婦問題をめぐる日韓合意の中核である「和解?癒やし財団」の解散を決定し、合意を事実上、破棄した。2018年12月には韓国海軍艦艇が、海上自衛隊哨戒機に向けて火器管制レーダーを照射する危険な事故も起きた。に発表する規制強化は、事実上の韓国への対抗措置だと言える。この措置が実行されれば、韓国経済への影響は大きいとみられるが、政府は「韓国の自業自得」高官だと突き放している。◆資本財輸出禁止で韓国産業の息の根が止まる!?日本がいまだに韓国に対して幅広い分野で戦略物資を提供しているということであり、裏を返して言えば、日本政府がこれらの戦略物資の提供を停止すれば、韓国の産業の息の根が止まる可能性がある、ということでもあります。日本貿易振興機構JETROの韓国のページによると、日韓貿易は日本の一方的な黒字となっています2017年度。?日本から韓国への輸出…551億ドル?韓国から日本への輸出…268億ドル?日本の対韓貿易黒字…283億ドルまた、「日本の主要輸出品目」は、半導体製造装置、半導体、プラスチック製品、鉄鋼板、フラットパネルディスプレー製造装置、基礎留分、精密化学原料、光学機器、原動機およびポンプ、計測制御分析器とありますが、要するに資本財生産するための装置などが中心です。分かりやすく言えば日本が韓国に産業用装置を輸出することで韓国が日本の代わりに産業生産活動を行い日本に283億ドルの貿易黒字をもたらしてくれているという状況です。もし日本がこれらの資本財について韓国への輸出を禁止してしまえばこの巨額の貿易黒字が失われてしまいます。つまり「日韓断交」したら日本にも大きな打撃が生じるのです。しかしそれと同時に日本から戦略物資が入って来なくなれば韓国経済の方がより大きな打撃を蒙ります。さらに意地悪な言い方をするならば日本が韓国への資本財の輸出をとりやめれば韓国産業の生産活動がストップしその分競合する日本の輸出企業に恩恵があるという側面もあるのかもしれません。友好国では無いです竹島占領してる日本企業の資産産凍結友好国ではそう言った事しないです韓国がWTOに提訴する、、、すれば良いでしょう 敗訴するだけです韓国政府は世界貿易機関WTOへの提訴を検討しているが結論が出るまでには1年半~2年かかり韓国にとっては勝訴した場合の利益よりもその間に生じる損失の方が膨大になりそうだ。各企業が現在確保する材料の在庫は約1カ月分で完成品の在庫を加えても3~4カ月しか持ちこたえられない。日本政府はあくまで韓国への「優遇措置を廃止」したのでありWTOルールに反しないという主張だ。韓国政府の常套手段は反日世論を引き起こし日本側の譲歩を引き出すものだがこれに乗ってはならない。文在寅政権に国際法を順守させ元徴用工訴訟などで日本企業に実害が出ないようにするためにも他の優遇措置を廃止すべきだ。韓国側は日本の政治家ら有力者に手を回して水面下で動いているが決して引いてはならない。禁止でも規制強化でもありません。これまで韓国を友好国として扱い貿易手続きを簡略化してきましたが友好国としての扱いをやめて通常の申請手続きを経た貿易に戻しただけです。もちろん韓国がこれ以上日本や日本企業に被害を及ぼす行動を起こせばいつでも禁輸処置が取れると警告したのでしょう。その時は日本政府は禁輸と言わず申請書類に不備が有るといえば韓国側の問題で韓国は輸入できなくなります。WTO違反にもなりません。これが日本政府の考えです。●日本「対韓制裁」発動で韓国ハイテク壊滅!? 輸出規制強化でサムスン、LGなど大打撃か 専門家「日本は臨戦態勢に入った」 2019.7.1 夕刊フジいわゆる「元徴用工」訴訟での異常判決など反日政策を続ける韓国に対し、日本政府が1日、「制裁発動」を正式発表した。半導体などの製造過程で必要な素材3品目について、韓国への輸出規制を4日から強化する。これらの素材が確保できなければ韓国のハイテク産業にとって壊滅的な打撃となりかねず、聯合ニュースは、製造業に「大きな打撃」を及ぼす恐れがあると伝えた。専門家は「日本は臨戦態勢に入った」と指摘する。規制が強化されるのは、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレーに使われる「フッ化ポリイミド」や、半導体の製造過程で不可欠な「レジスト」と「エッチングガス高純度フッ化水素」。フッ化ポリイミドとレジストは日本が世界の全生産量の約9割、エッチングガスは約7割を占める。3品目は軍事転用が容易だが、韓国には手続きの簡略化など優遇措置を取っていた。日本政府はこれを今月4日から契約ごとの輸出許可に切り替える。許可の申請や審査には90日間程度を要することになるという。規制が厳しくなれば、半導体大手の「サムスン電子」や、有機ELテレビを手がける「LGエレクトロニクス」など韓国企業にも影響が及ぶとみられる。朝鮮日報は、半導体関連企業の3品目の在庫は1カ月程度とし、規制が今月中に始まり、日本からの輸出が止まった場合、8月にも生産への影響が出始めると指摘した。政府は同時に、先端材料などの輸出について、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度「ホワイト国」から韓国を除外する。8月1日をめどに運用を始め、除外後は個別の出荷ごとに輸出許可の取得を義務づける。ホワイト国は安全保障上、日本が友好国と認める米国や英国など計27カ国あり、韓国は2004年に指定された。官邸周辺によると、日本政府は規制強化について、米政府に事前に伝達済みだという。韓国情勢に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「現状では輸出の制度を変更したということにすぎないが、『ホワイト国』から外したということは、日本がいざとなれば輸出制限を課すことができるようになったということでもあり、臨戦態勢に入ったといえる」「次の措置として輸出を禁止することになれば韓国に相当のダメージがあるだろう」と話す。二の矢、三の矢もあるのか。●半導体材料の対韓輸出を規制 政府 徴用工問題に対抗 来月4日から2019.6.30 10:44 産経新聞政府は、韓国への輸出管理の運用を見直し、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われる「フッ化ポリイミド」や、半導体の製造過程で不可欠な「レジスト」と「エッチングガス高純度フッ化水素」の計3品目の輸出規制を7月4日から強化する。いわゆる徴用工訴訟をめぐり、韓国側が関係改善に向けた具体的な対応を示さないことへの事実上の対抗措置。発動されれば、韓国経済に悪影響が生じる可能性がある。7月1日に発表する。政府は同時に、先端材料などの輸出について、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度「ホワイト国」から韓国を除外する。7月1日から約1カ月間、パブリックコメントを実施し、8月1日をめどに運用を始める。除外後は個別の出荷ごとに国の輸出許可の取得を義務づける。ホワイト国は安全保障上日本が友好国と認める米国や英国など計27カ国あり、韓国は平成16年に指定された。輸出を規制する3品目は、いずれも軍事転用が容易だが、これまで韓国には手続きの簡略化など優遇措置を取っていた。日本政府はこれを7月4日から契約ごとに輸出許可に切り替える。許可の申請や審査には90日間程度を要することになるという。フッ化ポリイミドとレジストは世界の全生産量の約9割、エッチングガスは約7割を日本が占める。世界の半導体企業は日本からの輸入が多く、急に代替先を確保するのは困難とされる。規制が厳しくなれば、半導体大手の「サムスン電子」や薄型で高精細なテレビで先行する「LGエレクトロニクス」など韓国を代表する企業にも波及するとみられる。いわゆる徴用工訴訟に関する韓国最高裁判決をめぐり、日本側は日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置を求めたが、韓国は問題解決に向けた対応策を示さないため、日本政府が事実上の対抗措置に踏み切った。経済産業省は一連の輸出規制について「日韓関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況で、信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっている」と説明している。●動かぬ韓国に強い措置 輸出規制G20までに対策示されず 産経新聞政府が韓国向けの先端材料の輸出体制を厳格化するのは、いわゆる徴用工訴訟をめぐる韓国最高裁判決をはじめ、国際約束を破り続ける韓国の文在寅政権が、今後も言動を改める様子がないためだ。政府は文在寅氏も出席した2019年6月28、29両日の大阪での20カ国?地域G20首脳会議サミットを前に解決策を示すよう求めたが、なしのつぶてだった。これ以上、対応を期待しても日本企業に実害が及ぶのを回避することは難しく、強い措置を打ち出す必要があると判断した。徴用工訴訟をめぐり韓国最高裁が日本製鉄旧新日鉄住金に賠償を命じる確定判決を出してから、で丸8カ月となった。この間、日韓関係は「韓国が作り出した問題」外務省幹部でかつてなく悪化し、「非常に厳しい状況に直面」令和元年版『外交青書』している。政府は、判決は請求権問題の完全かつ最終的な解決を確認した昭和401965年の日韓請求権協定に明らかに反しているため、判決直後から国際法違反状態を是正するよう韓国政府に求めている。日本政府は2019年1月、請求権協定に基づく2国間協議の要請に踏み切ったが、韓国政府は4カ月以上も応じないため協議では解決できないと判断し、2019年5月には請求権協定に規定された第三国を含む仲裁委員会の設置要請に切り替えた。その後も韓国政府は30日以内に仲裁委員を選任する協定上の義務を守らなかった。日本政府は3人の仲裁委員の指名を第三国に委ねる協定上の次の手続きをとるなど手順を踏んできたが、韓国側は無為無策のままだ。請求権協定違反を重ねている文在寅政権は、他にも慰安婦問題をめぐる日韓合意の中核である「和解?癒やし財団」の解散を決定し、合意を事実上、破棄した。2018年12月には韓国海軍艦艇が、海上自衛隊哨戒機に向けて火器管制レーダーを照射する危険な事故も起きた。に発表する規制強化は、事実上の韓国への対抗措置だと言える。この措置が実行されれば、韓国経済への影響は大きいとみられるが、政府は「韓国の自業自得」高官だと突き放している。◆資本財輸出禁止で韓国産業の息の根が止まる!?日本がいまだに韓国に対して幅広い分野で戦略物資を提供しているということであり、裏を返して言えば、日本政府がこれらの戦略物資の提供を停止すれば、韓国の産業の息の根が止まる可能性がある、ということでもあります。日本貿易振興機構JETROの韓国のページによると、日韓貿易は日本の一方的な黒字となっています2017年度。?日本から韓国への輸出…551億ドル?韓国から日本への輸出…268億ドル?日本の対韓貿易黒字…283億ドルまた、「日本の主要輸出品目」は、半導体製造装置、半導体、プラスチック製品、鉄鋼板、フラットパネルディスプレー製造装置、基礎留分、精密化学原料、光学機器、原動機およびポンプ、計測制御分析器とありますが、要するに資本財生産するための装置などが中心です。分かりやすく言えば日本が韓国に産業用装置を輸出することで韓国が日本の代わりに産業生産活動を行い日本に283億ドルの貿易黒字をもたらしてくれているという状況です。もし日本がこれらの資本財について韓国への輸出を禁止してしまえばこの巨額の貿易黒字が失われてしまいます。つまり「日韓断交」したら日本にも大きな打撃が生じるのです。しかしそれと同時に日本から戦略物資が入って来なくなれば韓国経済の方がより大きな打撃を蒙ります。さらに意地悪な言い方をするならば日本が韓国への資本財の輸出をとりやめれば韓国産業の生産活動がストップしその分競合する日本の輸出企業に恩恵があるという側面もあるのかもしれません。日本がいまだに韓国に対して幅広い分野で戦略物資を提供しているということであり、裏を返して言えば、日本政府がこれらの戦略物資の提供を停止すれば、韓国の産業の息の根が止まる可能性がある、ということでもあります。日本貿易振興機構JETROの韓国のページによると、日韓貿易は日本の一方的な黒字となっています2017年度。?日本から韓国への輸出…551億ドル?韓国から日本への輸出…268億ドル?日本の対韓貿易黒字…283億ドルまた、「日本の主要輸出品目」は、半導体製造装置、半導体、プラスチック製品、鉄鋼板、フラットパネルディスプレー製造装置、基礎留分、精密化学原料、光学機器、原動機およびポンプ、計測制御分析器とありますが、要するに資本財生産するための装置などが中心です。分かりやすく言えば、日本が韓国に産業用装置を輸出することで、韓国が日本の代わりに産業生産活動を行い、日本に283億ドルの貿易黒字をもたらしてくれているという状況です。もし日本がこれらの資本財について、韓国への輸出を禁止してしまえば、この巨額の貿易黒字が失われてしまいます。つまり、「日韓断交」したら、日本にも大きな打撃が生じるのです。しかし、それと同時に、日本から戦略物資が入って来なくなれば、韓国経済の方がより大きな打撃を蒙ります。さらに、意地悪な言い方をするならば、日本が韓国への資本財の輸出をとりやめれば、韓国産業の生産活動がストップし、その分、競合する日本の輸出企業に恩恵がある、という側面もあるのかもしれません。●フッ酸禁輸報道の真偽 資本財輸出を止めれば韓国産業壊滅も配信日時: 11:30 最終更新: 11:55カテゴリー : 時事, 韓国崩壊日本政府が韓国に対する制裁の一環として、半導体産業用のフッ酸の輸出禁止措置を導入したのではないかとする話題が、インターネット上で流れています。その情報源は韓国の『電子新聞』という業界紙の11月7日付の報道らしいのですが、それと同時に、よく調べていくと、日本から韓国への輸出品目は「資本財」が中心であり、仮に日本が韓国への資本財の禁輸措置を取れば、韓国産業は壊滅的打撃を蒙りかねない、という可能性があるのです。目次 [非表示]1 半導体産業用フッ酸輸出禁止報道の真偽2 徴用工判決との関係は?3 資本財輸出禁止で韓国産業の息の根が止まる!?◆半導体産業用フッ酸輸出禁止報道の真偽※ 11:55 追記:文章の推敲が足りず、冒頭に意味が通じない箇所があったため、当初公表版から少しだけ修正しております。日本の当局が産業用のフッ化水素いわゆるフッ酸についての輸出承認を取り消したのではないかとの報道が出ています当ウェブサイトでは先日から「韓国在住日本人」様など、皆様がコメントを寄せてくださっているため、第一報をご存知の方もいらっしゃるかもしれません。韓国メディア『電子新聞』韓国語版の報道によると、「日本の当局」がフッ酸の対韓輸出に「ブレーキ」を掛けたため、半導体業界を中心に需給の大混乱が予想される、としています。半導体業界フッ酸需給大乱生じるのか… 日本当局の輸出ブレーキ付 電子新聞より韓国語リンク先の記事は韓国語であり、かつ、文章はかなり読み辛いのですが、翻訳エンジンなどを活用して日本語に置き換え、さらに私の文責で語順を整理し、日本語を整えたうえで箇条書きをすると、だいたい次のような内容です。?日本政府は最近、フッ酸の韓国への輸出許可を見送ったことが判明した?半導体産業関係者が7日明らかにしたところによれば、輸出許可が得られなかったのは、サムスン電子、SKハイニックスなどの半導体メーカーに供給される予定のA社のフッ酸であり、半導体業界ではすでに原料供給の逼迫が生じている?フッ酸は半導体製造の原料として使われるものだが、戦略物資に分類されており、輸出入のためには当局の事前承認が必要とされており、使用量から供給先まで詳細を当局に報告した後、承認を受けている?業界では日本が戦略物資であるフッ酸の韓国への輸出に急ブレーキをかけたとの見方も広まっている?日本政府がA社に輸出許可を与えなかった理由については確認されていないが、半導体業界ではその背景について神経を尖らせているつまり、理由はよくわからないが、日本政府が半導体産業用のフッ酸の韓国への輸出を承認しなかったという事件が発生した、ということですね。『電子新聞』によれば、フッ酸は金や白金を除くほとんどの金属を溶かすという腐食性の強さを利用して、半導体ウェハーの洗浄工程に使用されるため、フッ酸が不足すれば、ただちに韓国の半導体製造には支障が生じるほどの重要物資だそうです。そして、半導体用のフッ酸は高い純度が求められますが、これらの高純度フッ酸は日本企業が独占的に生産しており、『電子新聞』は「これらの供給が中断された場合、韓国国内の半導体工場は稼動を中断しなければならないほど依存度が非常に高い」としています。◆徴用工判決との関係は?実は、私自身、この話題についていろいろ調べてみたのですが、情報源はこの韓国メディア『電子新聞』のものしかなく、詳細については確認できていません。まず、本件を10月30日の「徴用工判決」との関係だと見るのは早急です。というのも、「徴用工判決」と「フッ酸禁輸?事件」との前後関係がわからないからです。『電子新聞』の報道では、「輸出承認が取り消された」のか「最初から許可が下りなかった」のかといった基本的な内容にも言及がなく、かつ、「輸出承認が下りなかった時期」がいつなのかという、非常に重要な情報についても欠落しています。ただ、時期について1つヒントがあるとすれば、記事の冒頭に「本紙10月26日付1面参照」という記述がある、という点でしょう。つまり、半導体用フッ酸不足については、『電子新聞』の紙媒体版が10月26日付の1面ですでに報じていた、ということです※ただし、該当する記事はウェブ版では確認できませんでした。つまり、「10月26日時点でフッ酸の禁輸事件が問題になっていた」というのであれば、「10月30日の徴用工判決を受けて日本政府が制裁としてフッ酸の輸出制限をかけた」というストーリーは、そもそも成り立ちません。実際、『電子新聞』の記事によれば、「申請書類の不備、管理の問題、以前に輸出を承認した際に事後的な問題が生じたこと」などが不承認の理由ではないかと韓国の半導体業界は説明しているのだそうであり、こうした説明が正しければ、フッ酸禁輸は「日韓関係悪化」が原因とは限りません。なお、「事後的に問題が生じたこと」とは、具体的に何のことを指しているのかもよくわかりませんが、韓国では今から6年前の2012年、大量のフッ酸が漏洩する事故が発生していますこれについては次の『中央日報』日本語版の記事もご参照ください。フッ酸ガス事故当時の映像を公開…過失が招いた惨事=韓国16時46分付 中央日報日本語版より◆資本財輸出禁止で韓国産業の息の根が止まる!?ただ、徴用工判決以外にも、旭日旗騒動や慰安婦財団解散など、ここ数ヵ月、日韓関係は緊張が続いています。今回の輸出制限という話題と徴用工判決の関係はよくわかりませんし、そもそも「日本政府が半導体産業用のフッ酸の輸出許可を取り消した」という話題が事実なのかどうかもよくわかりません。しかし、確実に言えることがあるとすれば、日本がいまだに韓国に対して幅広い分野で戦略物資を提供しているということであり、裏を返して言えば、日本政府がこれらの戦略物資の提供を停止すれば、韓国の産業の息の根が止まる可能性がある、ということでもあります。日本貿易振興機構JETROの韓国のページによると、日韓貿易は日本の一方的な黒字となっています2017年度。?日本から韓国への輸出…551億ドル?韓国から日本への輸出…268億ドル?日本の対韓貿易黒字…283億ドルまた、「日本の主要輸出品目」は、半導体製造装置、半導体、プラスチック製品、鉄鋼板、フラットパネルディスプレー製造装置、基礎留分、精密化学原料、光学機器、原動機およびポンプ、計測制御分析器とありますが、要するに資本財生産するための装置などが中心です。分かりやすく言えば、日本が韓国に産業用装置を輸出することで、韓国が日本の代わりに産業生産活動を行い、日本に283億ドルの貿易黒字をもたらしてくれているという状況です。もし日本がこれらの資本財について、韓国への輸出を禁止してしまえば、この巨額の貿易黒字が失われてしまいます。つまり、「日韓断交」したら、日本にも大きな打撃が生じるのです。しかし、それと同時に、日本から戦略物資が入って来なくなれば、韓国経済の方がより大きな打撃を蒙ります。さらに、意地悪な言い方をするならば、日本が韓国への資本財の輸出をとりやめれば、韓国産業の生産活動がストップし、その分、競合する日本の輸出企業に恩恵がある、という側面もあるのかもしれません。韓国はとっくの昔に、日本を敵国扱いしてたが日本も、いよいよ韓国を敵国並みに扱うという事や。最初は、友好国特典を廃止したにすぎないが、早くも右往左往してるみたいだけど、本当の制裁はこれからやで。なにしろ制裁カードが、100枚あるら しいが未だ、一枚目やで。友好国は沢山あります。そのうちの信用できる国をホワイト国にして手続きを簡略化しているのです。しかし韓国は必要な協議に応じていません。韓国がホワイト国リストから抜ければ他の国と同様な通常の手続きに戻るだけです。WTO違反ではありません。規制強化ではなく 普通の国扱いにしたというのが正しいですね。むしろ普通以下のブラックリスト国扱いにしてもらいたいくらいです。友達から知り合いに格下げってところでしょうか友好国ではないですよ。2014年竹島に正規軍を上陸させた真性の軍事的敵国です。友好国?とんでもない敵国です。竹島をご覧下さい。こんな国とは付き合わいと腹をくくるべきです。◎韓国は、友好国ではありませんよ。 分かるでしょう。 慰安婦徴用工、レーダー照射事後の始末、天皇侮辱発言、 昨秋の最高裁任命12人中8名を半日、ムン系、親北系に入れ替えた 様々な不誠実な態度 韓国は米国からも不審視され、中国からも相手にされない?北朝鮮へすがるよう に接近している。当然戦略物資の横流し、せどり黙認???国際社会からも問題 視されているのだ。 これで友好国とは言えないだろう。 観光客が減る、日本の企業が困る、世界から日本が非難される??? 韓国系メディアや銭儲けのためには、悪魔とも取引をしかねない経済同友会等経 済団体、社民、立憲、共産などの半日系は、日本非難?韓国寄りの動きや発言を している。◎WTO提訴 韓国に輸出禁止したわけではない。ホワイト国から外しただけ。しかも、戦略物 資の横流し、国連違反???提訴してもらってほうが、日本にとってはいいので はないか。韓国のずるさを世界中に明らかにできるから意外と韓国は提訴できないかもそんな疑問が生まれることが不思議ですが???韓国人が友好的でないのは「カイカイ通信」というサイトを覗けば解りますよ。韓国の掲示板が翻訳されてます。1.友好国ではありません。ホワイト国からなぜ外れたのか?一時的に多量のフッ酸の注文が入って、行き先が不明になったわけです。つまり、フッ酸は戦略物資なので決して起こってはいけないことが起こったわけですから、ホワイト国から外れて当然なわけです。2.WTO提訴しても、「ホワイト国から外れた事由」がとんでもない話、つまり、軍事物資の横流しがあったので、やむを得ずホワイト国から外したわけですので、韓国側はXXですね。商品をどこの国の誰にも自由に売れる場合とそうでない場合があります。昔はココム協定があって共産圏には最先端技術等は輸出できませんでした。今はワッセナー協定があってイランや北朝鮮やテロリストに大量破壊兵器の原料になる物品や技術が渡らない様に各国が協定を結んで、核開発できるような物品を輸出する時は相手国に横流しされないように輸出申請書類を厳しく審査します。ホワイト国はこの申請を3年分まとめてできます。ホワイト国になるためにはお互いに常時協議と監視をする必要があり、1度指定を受ければそれで終わりではありません。この協議に韓国は出てこないのでこのような事態になったと、日本政府は発表しています。しかも、規制の3品は核兵器製造の原料でもあります。北朝鮮に横流しされないとも限りません。ですから、友好国であるからといってホワイト国になれるわけではありません。韓国は日本が手助けをして15年前の2004年にホワイト国になりまして、その当時は日本に感謝していたのです。規制強化と申しましても2003年以前に戻るだけですので、WTO違反でもなんでもありません。韓国自身が選んだ道なのです。横流しは絶対にしないと言う信頼を相手に提供することも必須の条件なのです。でも最近の韓国さんはどういうつもりなのか全く信頼できませんよね。これも韓国さんが自身で選んだ道なのです。●韓国、日本の「100制裁案」に戦々恐々 「報復カードのうちやっと1つが出てきた」メディア懸念 日本、ついに韓国“制裁”へ 2019.7.4 日本政府は4日、韓国の半導体製造に不可欠な高純度フッ化水素など、3品目の輸出管理を厳格化した。韓国関連で「不適切な事案が発生した」ため、安全保障上の運用見直しとして、同国への優遇措置を取り消した。いわゆる「元徴用工」の異常判決などで日韓関係が悪化するなか、韓国側は「日本の報復」と受け止め、追加措置が100件を超えかねないと戦々恐々としている。「安全保障上の貿易管理を、それぞれの国が果たしていかなければならない義務がある」「相手の国韓国が約束を守らないというなかで、『優遇措置は取れない』ということで当然の判断だと思う」安倍晋三首相は3日、日本記者クラブ主催の討論会で、こう語った。輸出管理が強化されるのは、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレーに使われる「フッ化ポリイミド」や、「レジスト」「エッチングガス高純度フッ化水素」の3品目。日本のシェアが高く、韓国のハイテク産業のダメージは甚大だ。国家間の約束さえ覆す韓国との取引はリスクが高い。日本は今回、EU欧州連合が韓国に行っているのと同じく、輸出管理を改めた。だが、韓国政府は「日本の報復」とみて、WTO世界貿易機関への提訴も検討している。韓国政府の強硬姿勢とは対照的に、韓国メディアはさらなる措置発動を懸念し始めている。中央日報日本語版は3日、元高位官僚の話として、「日本政府が準備した100件余りの報復カードのうち、いまやっとその1つが出てきた」と伝えた。徴用工訴訟で、日本企業に実害が生じた場合、日本政府は対抗措置を発動する方針で、制裁案は想定されている=別表。中央日報の記事にも、「農?水産物の輸入制限」「戦略物資の輸出制限」「短期就職ビザの制限」「送金制限」などが並んでいる。韓国に精通するジャーナリスト、室谷克実氏は「日本企業に実害が出るまで『制裁』はできないが、韓国対象の『優遇措置』は多々ある」「韓国製品の検査厳格化など、少しずつ見直して、『日本の怒り』を韓国に伝えるべきだ」と話している。●禁輸措置で韓国経済を崩壊に追い込め! 06:01宇山 卓栄■韓国の無法を国際的に知らしめる政府は1日、韓国に対する半導体部品輸出規制措置を発表した。絶妙なタイミングだ。「遅すぎる」という批判もあり、私も、そう考えていた。政府は本当にやる気があるのか、と不信にさえ思っていた。しかし、政府はこの事実上の制裁措置を最も効果のあるものにするタイミングを狙っていたのだ。韓国の経済がガタガタであることがハッキリと見えてきている。6月4日、韓国の中央銀行は1~3月の経済成長率を速報値から下方修正し、マイナス0.4%と公表した。韓国の貿易収支は悪化の一途を辿り、人口が今年から減少へと向かう。最低賃金の引き上げ政策概ね1.5倍の上昇により、雇用が抑えられている。また、中国輸出に大きく依存する韓国経済は米中貿易摩擦により、直接の悪影響を被っている。景気悪化で苦しむ韓国に追い討ちをかける戦略として、日本の輸出規制措置は大いにその効果を期待できる。また、G20を大成功に導いた議長国の日本の国際威信が高まっていることを背景に、輸出規制措置をとることは、韓国の無法を国際的に知らしめるための発信力が伴い、理解も得やすい。■韓国経済の屋台骨を狙え政府は韓国制裁の手段を100件以上、検討していた。その件数はどのようにカウントされるのか、詳細は不明であるが、無数の手段?選択肢があることは間違いない。通商規制、交通規制、為替規制送金禁止などを含む、入国規制、関税引き上げなど、多岐の分野に及ぶ。それらのカードのうち、日本の損害が最も少なく、韓国の損害が最大になるような有効なものの一つが今回の半導体部品輸出規制措置である。この措置が実際に発動されれば、韓国経済は甚大な被害を受ける。半導体製造に必要な高純度のフッ化水素などを生産する技術を持っているのは主に日本の企業である。日本はフッ化ポリイミドとレジストは世界の全生産量の約9割、エッチングガスは約7割を生産している。これらの半導体核心素材が韓国に渡らなければ、韓国企業は半導体製品を生産できない。韓国の2018年の輸出総額6051億6900万ドルのうち、半導体の輸出額は1267億1200万ドルで、全体の20.9%のシェアを占める。シェア2位以下の石油製品465億5500万ドルシェア7.69%や自動車408億8800万ドルシェア6.75%と比べても、半導体が韓国の大きな主力部門であることがわかる。日本の半導体部品輸出規制措置は韓国経済の屋台骨を支えるサムスンなどの半導体関連産業に大打撃となるのである。韓国は輸出でメシを食う外需依存国家である。韓国の輸出額と日本の輸出額81兆4788億円、2018年を比べれば、それほど大きな差はないが、一人あたりの輸出額で見た場合、日本やアメリカは5000ドル程度、韓国は10000ドルにもなる。半導体製品の輸出が滞ることになれば、彼らはメシを食うことができなくなってしまう。■韓国の無法を強烈に指弾さらに、韓国の半導体製品は主に中国に輸出されている。2018年の中国への輸出総額は1621億5800万ドルで、韓国の輸出全体に占める中国輸出のシェアは26.7%にも及ぶ。因みに、日本への輸出総額は305億7400万ドルで5.0%のシェアに過ぎない。韓国の半導体製品が中国の安価な電子機器製造を支えており、中国製品の世界に対する不当なダンピング競争の要因となっている。さらには、そのようなサプライチェーンの一端を、日本も半導体核心素材を供給することで、結果的に担っているということになる。こうした観点も考慮されているのかもしれないが、菅義偉官房長官をはじめ河野太郎外相、世耕弘成経済産業相らの関係閣僚らは「安全保障を目的に輸出管理を適切に実施する観点から運用を見直す」と説明し、今回の禁輸措置が徴用工判決に対する対抗措置ではないとしている。こうした説明は国際社会の共感を得るために有効である。安全保障という名目であるならば、WTO違反にはならない。また、このような理由で、政府が行う輸出規制に伴い発生する個別企業の損害について、原則、政府は責任を負わず、補償に応じる必要もない。そのため、経団連などは猛反発しているが。政府の禁輸措置の打ち出し方は非常に巧妙である。徴用工問題とは関係がないと述べながらも、「国と国との信頼関係の上に行ってきた措置を見直す」と付け加えており、徴用工問題やレーダー照射問題をはじめとする一連の韓国の無法を強烈に指弾している。韓国最大野党の自由韓国党の羅卿瑗ナ?ギョンウォン院内代表は「日本政府の度重なる関係修復への申し出を無視し、こういう事態になるまで放置していたのは文在寅政権の責任」と発言している。■韓国経済の生死を決めるのは日本今回の禁輸措置により、「日韓通商戦争になる」という指摘もあるが、日本にとってはほとんど影響はない。NHKなどは「日本が禁輸措置をとれば、韓国の製品を輸入できなくなって共倒れする」などという有識者の見解を一方的に紹介しているが、日本が韓国の製品に依存しなければ立ち行かないものなど何一つなく、痛くも痒くもない。それでも、日本政府は韓国に対して、一片の温情を残しているように見える。今回の禁輸措置では、直ちに全面的な禁輸措置が実行されるわけではなく、軍事転用が可能な先端材料の輸出許可申請を免除するという、外国為替管理法における「ホワイト国」つまり包括輸出許可国から、韓国を除外するという措置になる。「ホワイト国」は日本の友好国27カ国あるが、韓国は日本の敵対国であるので、除外されて当然である。包括輸出許可国から韓国が除外されるということは、日本企業が韓国に半導体核心素材を輸出しようとする場合、個別に1件ごとに輸出許可申請をしなければならないということである。そして、輸出を許可するかどうかの決定権を政府が掌握し、今後の韓国の対応に応じて、それを緩めたり、厳しくしたりすることができる仕組みになっている。本来ならば、このような小細工をせず、全面禁輸ということで押し切ってもらいたいものだが、そこは外交、韓国がいかに無法者とはいえ、日本政府が交渉の余地を残していることが伺えるのである。いずれにしても韓国経済の生死を決めるのは日本であることをわからせなければならない。それでもなお、韓国が無法な対応を続けるならば、韓国経済を崩壊させるべく、徹底的に制裁措置をとればよい。