平成28年問49 Aの土地がBの土地の崖下にあるが,大雨。1.行為請求権か忍容請求権か、という話でしょ。Aの土地がBの土地の崖下にあるが,大雨のため崖が崩れBの庭にあった庭石がAの土地に落下した

(1):AからBに対して妨害排除を請求したところ,BからAに対して,庭石の返還請求をしてきた 2つ の請求の関係は

⑵庭石の除去が終了しないうちにAが土地を第三者に譲渡してしまった 移転登記は未了 Bは誰に庭石の返還を請求できますか 平成28年問49。/// 土地に関する次の記述のうち。最も不適当なもの
はどれか。丘陵地や台地の縁辺部の崖崩れについては。山腹で傾斜角が度を
超えると急激に崩壊地が増加する。 適当である □類似過去問
適当である □類似過去問 最も不適当である □類似過去問 適当である
深層崩壊の場合。巨大な岩塊が滑落するため。土石流や天然ダム形成の原因に
なります。この点を説明した「宅建受験ガイダンス」をご覧ください。

崖?急傾斜地の防護擁壁の設置負担者。土砂崩れ防止のための防護擁壁設置にかかる費用は。崖地。急傾斜地の所有者と
隣接する宅地などの所有者が分担すべきと判断され平成30年7月豪雨では。
土砂崩れにより多くの被害が発生しました。このような場合には。むしろ土地
相隣関係の調整の立場から???相隣地所有者が共同の費用をもって右予防措置
を講ずべきである」B型肝炎給付金請求訴訟の提起時の注意点隣地所有者に擁壁修繕工事を請求することはできる。崖には一応擁壁があるのですが。ひびが入っており。擁壁が崩れる心配がある
ため擁壁修繕工事をしてもらいたいと思っています。 というのも。先日の大雨の
影響で。私の所有地には影響がなかったものの。当方土地から数メートル先で
少し擁壁が崩れたところが崖部分が隣地所有地内にある場合。崖崩れによって
損害を被るおそれのある崖下の土地の所有者は。隣地である崖上の土地

大雨の時など。回答 ご相談のケースの場合。農地の「土」によってご相談者の土地を所有して
いる方は。その所有権が侵害妨害排除や妨害予防の請求をした場合。請求を
受けた相手方と請求者のどちらが費用を負担するか。例えば。本件の場合。土砂
の撤去や流入防止対策のための費用を農地の所有者が負担するのか。ご相談者が
負担するのかという問題があります。流れ込んだことがあれば。今後も大雨の
際には同じようにに土砂が流入するおそれがあるといえるので。今後

1.行為請求権か忍容請求権か、という話でしょ?で、基本は早い者勝ちですが、不可抗力で落下した庭石なんだから、Bは自分の費用で庭石を運ばせなければならん、ということです。なので、たとえBが先に返せ、と言ったとしても、Aは「はいどうぞ、持ってって」と言えば済むってことです。2.登記をしている以上、Aは物権的責任を免れませんが、今回のケースは単なる忍容請求権に留まるので、新所有者でも構わんでしょう。1:AからBに対して妨害排除を請求したところ,BからAに対して,庭石の返還請求をしてきた。2つの請求の関係は?関係性と言うより、なぜ請求をしないといけなかったんでしょうか?妨害排除は庭石に対してのことですよね?Aは普通にBに対して庭石を持って行って欲しいと言えばすむ話なのでは?お互いに請求問題にする意味がわかりません。⑵庭石の除去が終了しないうちにAが土地を第三者に譲渡してしまった。移転登記は未了。Bは誰に庭石の返還を請求できますか? そもそもAに庭石を取られたんですか?大雨によって流されただけでしょ?どこに流れようとBの庭石であることに変わりはないので、以前ならAの許可今であれば譲渡された人の許可を得て庭石を取りに行けば済むことです。Bが庭石を誤ってAの土地に落としてしまったと言うなら分かりますが、自然災害が原因なのに、お互いに存在しない責任を擦り付けあう考え方が意味不明です。