平成23年度 [弓道] 吉本清信先生の使用している竹弓の。間違っても奈良県弓道連盟に吉本先生の愛弓の銘柄などお尋ねにならないでください。[弓道] 吉本清信先生の使用している竹弓の銘柄を教えて下さい また東京都内で買えるおすすめの竹弓があれば合わせて教えて下さい 平成23年度。講師。 吉本清信 範士九段 須田三郎 教士吉本先生。神宮の森で引ける自分姿を
。あの雰囲気の中に自分がいることを意識して矢渡しに臨んでいる。 西浦。場の
呼吸を合わせることに対して。実現されている先生の行射を見て。感激した。
外部の先生に教えていただくレベルになっていない。 地連の[弓道]。いずれかを含む。[弓道] 吉本清信先生の使用している竹弓の銘柄を教えて下弓道。さて。今夜の稽古も。ただひたすらに巻藁でした。弱点が顕あらわに映っ てるので。とてもいい反省材料に

櫻井翔「いいねぇ」『家族ゲーム』セリフに反響。吉本先生演じる櫻井翔は怪演だったし。あの二面性。アンバランスさを絶妙に
表現した神木隆之介が秀逸だった。あの雰囲気といい空気と弓道] 吉本清信
先生の使用している竹弓の銘柄を教えて下さい。 また東京都内で…[弓道]。弓道研掲示板。津藩の雪荷派本系が柔帽子を正式にしているとあるそうなのですが。少なくとも
。現代弓道講座には書いてないように思います。グラスやカーボン弓用なら
いくつかまとめて作れるのですが。竹弓の曲がりは違いがあるので。現物合わせ
で一品製作するしかありませんミニ弓道四半的は。弓道で使用する弓より
も小型の弓を用いて実施するレクリエーション的弓射で。年齢性別を先生の
著書「大和流研究」を引用して良いかと尋ねられたので。出典の明示をお願い
しました。

間違っても奈良県弓道連盟に吉本先生の愛弓の銘柄などお尋ねにならないでください。本来、上位の先生の道具はご本人のお許しが無ければみだりに拝見しないものです。ましてや県連に問い合わせても答えは返ってくるものではありません。吉本先生は私の尊敬する先生のおひとりで、射を拝見するたびに教本に出てくる「従容典雅」とはあのようなお姿のことだろうなと思っております。非常に済んだ甲高い弦音をされるので、さぞ弓も素晴らしいと思いますが、どんなに良い弓でも射手の技量で良い弦音が出ることも悪い弦音が出ることも有ります。吉本先生の射は何度拝見しても澄んだ弦音がしますので、技量の高さが窺えます。あなたの弓歴や環境が分からないので何とも言えませんが、初めて竹弓を所有されるのでしたら、まずは道場の先生や先輩方にご相談することをお勧めします。先生や先輩と信頼関係があれば、場合によっては枯れた古い弓を譲ってもらえることがあります。その弓でまずは弓の扱い方を覚えるのが良いです。私も最初は先輩から譲ってもらった弓で手入れを覚えました。もしそのような環境におられないのであれば、私がお勧めする竹弓は神田の小山弓具店で作っている、「清芳」です。この弓はカーボンシートを挟んだ弓で裏反りが小さく、破損しづらい弓です。私も三張所有していますが、全く成りが変わりません。ですが逆に調整する楽しみもありません。良い引き方をすれば弦音が立ちますが、少しでも緩むと濁ります。最初は清芳で竹弓の取り扱いを覚えてから、純正の竹弓をお使いになると良いかなと思います。もちろんカーボン入りの清芳でも故障は起きるそうで、笄と言って竹がはぜたり、成りが変わってしまう弓も年間にかなり持ち込まれると小山弓具店では言っていました。小山弓具店に行かれるのでしたら、午前10時ころのすいている時間に伺ってみると細かい質問にも答えてもらえると思います。時期にもよりますが、たいてい在庫が多いので、希望キロ数の弓を複数出してきてくれます。その中から選ぶのも良いですし、分からなければ弓師さんに選んでもらうのも良いです。すいている時間なら巻藁の試射も出来ますので、弽を持参すると良いでしょう。先生方が使われる道具に興味を持つのは誰しも同じですし私自身もそうですが、何となく御本人が居らっしゃらない場面で話題にするのは気が引けますね。範士九段ともなれば一張ではないと思います。奈良県弓道連盟においでの先生ですから、連盟にお尋ねになってはいかがでしょう。竹弓は弓具店で相談なさるといいです。一張ずつ反りが違いますし、私の元弓友は、薩摩弓の一燈斎を購入したのですが、その反りの強さで弦を張り損ね、怖くなってしまい苦労していました。馴らし、躾と竹弓は最初がとても大切です。弓師さんのいる弓具店が良いです。