小学校面談 中学受験について先日息子の小学校で面談があり。初めまして^^*。中学受験について

先日、息子の小学校で面談があり、先生から中学受験を勧められました 息子は小学4年生ですが、親から見て頭がいいなと思うことはたびたびありますが、学校の先生からみても特別な存在とのことでした
テストは当然100点ばかりですが、その上クラスの授業の中心になって説明をしてくれたり、どんな状況かはあまり聞けませんでしたが、授業を引っ張って言ってくれていて、クラスの皆さんから尊敬されているとのことでした
統一テスト等でも家では社会だけは勉強していませんが、皆さんがあまり点数がとりないなか、息子は100点だったとのことです おそらく生まれつき頭がいいのかと思います 家系的にもですが
また、理数系がずば抜けて得意だからともいわれました
七夕の短冊に書く願い事も、詳しく書けないのですが、他の皆さんとはちょっと次元が違うみたいです
ただ、息子も私も受験を全く考えていなかったので、息子に言うとあまり興味がない様子です
将来は理工系に行きたいということは、本人は決めているみたいです

私としては、周りであまり中学受験する方がいないので、どんな状況なのかがあまりわからないです やはり子供が受験に興味がないならやめたほうがいいのでしょうか
追伸 学校の先生からは、みんなから尊敬されてるし、中心的存在だし、教師になったらどうだ
といわれていますが、息子が全力で嫌がっています 中学受験の面接対策。中学受験の面接は。以前に比べて実施する学校が減ってきていますが。女子校
では面接を実施する学校もまだ多くあります。そこで。面接の種類や質問内容。
服装についてまとめました。

学校の希望制個人面談。また。読書感想文についても8月号で学ぶことができるそうです!息子が通っ
ている小学校では。 〇年度初めに家庭訪問 〇夏休み直前に個人面談希望制
〇冬休み直前に個人面談先日。息子が通っている公立小学校の授業参観&
懇談会がありました。一度。中学受験経験ありの若いオタク男子あ。先生
です^^;が担任になってくださったときがあったんですけれどもね。小学校面談。先日男子部の説明会で。大学進学実績の説明のとき 数人で合格実績を今回の
中学受験についても。うちの息子だけがということでなく みんなが面談早々
地元中への進学確認があり。受験予定を伝えました するとご質問小5の息子。先日。塾の面談で中学受験は息子の性格上おすすめできないようなことを言われ
ました。 なお。本人には中学受験の意思はあります。 そもそも。中学受験に
向いている子。向いていない子ということはあるのでしょうか?

保護者の声。当初のカルチャーショックを乗り越え。毎日学校に通うのが楽しみになった夏頃
。中学受験が視野に入ってきました。カリキュラムについて付言するならば。
授業レベルも非常に高く。率直なところ。特にライティングについては。私
自身。アメリカの大学へ留学中に。クラス課題のエッセイに泣かされた経験が
あり。質の高いエッセイを書くことの難しさを息子は小学校年生の夏に帰国
し郊外の公立小学校に編入しましたので。入校当初は英語力維持すら可能なのか
。正直志望校決定の最終面談。志望校で頻出分野に弱点がある場合は。冬期講習の期間を利用して基本から
しっかりと学び直すことをお勧めします。 2. 親と子のそれぞれの想い この
時期から受験本番までは親よりも子供の気持ちが少しずつ追い詰められ

公立小学校保護者面談でのお話???中学受験をする子。中学受験をする子であっても 親としては小学校でどんな生活をしているか気に
なります。 中学受験をする目的高校受験には。中学受験や大学受験とは違った
評価軸が必要です。先日。小学校の保護者面談がありました。小6のママさん。家庭訪問?一学期の面談?それとも二学期に入ってからでしょうか。 受験を考え
ている学校は調査書が必要なため。早めにお伝えしたほうがいいかなと思う一方
。中学受験をあまり好まない先生もいらっしゃるようで躊躇して公立小の個人面談。先日。長女の学校の面談がありました。 長女は公立小年 我が家は小学校に
特に求めることがなかったので。これまでも毎回。普通は何を聞くものなのか
実際にママ友に質問したこともあり。うちは話すことないなぁ…

初めまして^^* 私立の中学を受験して今高校2年の者です。 興味がないなら受験しない方がいいのか?との事ですが、私自身としてはそんなことは無いと思います。 受験したくない!みんなと同じ中学に行きたい!と言っているのであれば辞めるべきです。 しかし、ただ単に「興味」がないだけなら一度体験でもいいので通わせてみるのもありだと思います。 私自身中学受験のために塾に入ったのは小学生4年生の時でした。 私は興味がない以前に「受験」という物自体を知らず、親が地元の公立が荒れていたため私立に行って欲しいという願いから、いつの間にか通わされていました。 ただ私自身、自分の意思でなく親の都合で行かされた塾が嫌だったか?と聞かれると全然そんなことはなく、むしろ楽しかったです。 その理由としては塾で先取りして学校の授業をしていたため、学校の授業で新しい単元を習う頃にはみんなより1歩早い段階でマスターしているため、スラスラ問題が解けることが嬉しかったからだと思います。 今私自身大学受験に向けて取り掛かり始めようとしている頃合いですが、私立の中高に入ったことでよかったなと思うことは多々あります。 そのひとつが高2の間に教科書の範囲が全て終わり 学校の偏差値にもよる、私の場合は65くらいの私立高、高3では自分の志望校に向けての勉強が学校でできる。 これがやはりの中高一貫の強みだと思います。 息子さんは理工系に進みたいとのことですが、理系ってものすごく辛いんです。私自身は文系ですが理系の友達の話を聞くと課題だったりテストの量だったり休む暇なく常に何かに追われています ̄▽ ̄; もちろん公立の中学へ行き、そこからレベルの高い公立などの高校に行くこともありだと思います。 ただこの場合ですとおそらく高3で地獄のような毎日を送ることになるでしょうね ̄▽ ̄ 余裕をもって受験したいなら明らかに私立の方が私はいいと思います。 先程私は小4から塾に通い始めたと言いました。 しかし受験する子供さんで、小5から塾に入る子もかなりたくさん居るんです。 私が通っていた塾の場合小5から入ってきた子の方が断然多かったです。 そういう意味では今すぐ決断する必要はないのかな?と思います^^* 一度お子さんと話し合ってゆっくり決めていってはいかがでしょうか。 少しでもお役に立てれば幸いです。どこの中学を目指しているのでしょうか?最難関と言われる灘や御三家、それ未満の難関レベルでもその状態からの中学受験は中々大変だと思います。小学生で微積分を解いているのも珍しくない界隈です。中学受験の塾は小三の2月からカリキュラムを組んでいるのが一般的で難関以上を目指すなら、小三で小六レベルはおろか一次方程式を理解している子は珍しくありません。国語も漢検5級を取得していたり、公文国語で中学レベルだったりが普通にいます。そういう子が既に切磋琢磨を繰り返していて、一年出遅れているとお考え下さい。中受は1月頃にありますから、実質2年しかありません。2年で1年の遅れを取り返すのは相当な努力が必要です。私の小三の娘は、温度計を見ているだけでマイナスの概念を理解し、-1+3のような計算を正しくできるようになったのは6才でまだ年長さんでした。少し繊細な部分があるので、そこから中受を意識して先取りしてきましたが、楽勝には程遠いのが実情です。上には上がいるのです。ちなみに、下の年長息子は、娘より出来るのに、ロボコンに出たいので高専に行くと短冊に書いたぐらいなので受験はしないつもりです。プログラミング教室に入れていますが、好きなだけあって飛び級しています。子供たちの従兄弟が塾にも一切行かないで、公立高校から理1に行きましたし、やる気と地頭があれば大丈夫だと思っているので下の子に関しては、受験ではなく、小学生の間は興味のある分野をとことんやらせるつもりです。私も高校は公立トップで、本当に優秀な同級生にNASAやJAXAで働いてる人がいるので、中受が全てではないと思います。ちなみに、中受問題に興味を持たれたなら、Z会の中受コースを受講してはどうですか?塾に行くと、周りがそういう雰囲気なので、否応なく受験という事になると思うので。ただ、もし中受するというなら、すぐにでも入塾をお勧めします。まだ小学生なので好きにさせておいてあげて良いのでは?と思います。例えば学校で1番のお子さんがいるとして、全国にある小学校19,892校に1番がいるわけです。我が子は学年一運動能力が高いと言われ運動偏差値も全国的にトップレベルでしたたまに運動で失敗すると、失敗するなんてと他の生徒さんがショックを受けるとか言われました。そう言われて素直に信じてしまう親御さんもいるでしょうが、私はオリンピックレベルや、全国、国体出身、そして稀に見る逸材と言われながら、最後まで残れなかった人も沢山見ていたので、小学校の先生のお話はあくまでも学校生活一部の話として聞きました。今も我が子はスポーツを頑張っていますし、プロを目指していますが、ただ身体能力があれば上手く行くわけではありません。心が強く、健康で強いからだとその子にあったカリキュラムを常に見直してやっていています。勉強と同じく運動にもトレンドやその都度求められるスキルが変わるので勉強も同じだと思います。地頭だけでなんとかなる事は無いでしょうからまずは中学受験よりも将来やりたいことから遡って今何が必要なのかを考えるべきでは無いかと思います。偏差値70越えの学校のトップクラスにいて優しくて問題行動などなかったお子さんが突然起立性調節障害で学校を去ってしまったりと人生には色々あると思います。勉強は出来ても、視野が狭い気がします。きちんと世の中の仕組みや、将来の進路を説明してあげれば、お子さんが中学受験をするかどうか決めるのではないですか?お子さんなら理解して決められるのでは無いでしょうか?地域的にトップ層が私立に抜けてしまうようなところだと私立がいいと思います。しかし、まだ4年生ですし本人が嫌がってるなら様子見でもいいでしょう。本当に頭のいい子は5~6年から間にあいます。家系もあるようなので安定した頭の良さはあると思うので地域の公立中が荒れてなければ公立中でも大丈夫だと思います。私立中の公開授業や様子など見に行くことだけでもやるといいかもしれません。うちは地域的に公立王国でトップ層が私立に抜けないため公立中進学しました。学校の授業は簡単なので塾に行ってます。荒れつつあって不登校も多く学級崩壊気味の授業もあるらしく入学前から知ってはいたもののちょっと困ってます。厳しい先生だと静かだけど優しい先生だと授業中、うるさい子どもからするとみんなと同じ中学に行きたい!というのもありますよね。進学塾などに行くとそこで友だちが出来るかもしれません。男の子は成長もゆっくりめなので本人の意志を尊重したほうがいいと思います。お子さんに中学受験しろと言って、じゃあするわと簡単に言う場合はあまりないでしょうね。周りに受験する子がいなかったらなおさらです。大事なのは、お子さんが将来どんなことをしたいか?なりたい職業は何か?です。そこから大学、高校と逆算していき、その職業に就くには公立の中学に進むよりも難易度の高い私学に進む方がより良いとなれば、本人にとって受験することに意味があるでしょう。もちろん、成長していく上で世の中の様々な職業を知って 、当初の夢が変わるかもしれません。それでも、今、息子さんがどうしたいかを考えてあげて下さい。ずば抜けてできるお子さんでも公立中学校に進んでいることもあります。本当にできるお子さんなら中学からいい所に行かなくても、高校からでもいい所に行けます。今、特になりたい職業がなくて、というのであれば、とりあえず公立の中学でもいいと思います。中学受験をさせるかどうか考える前に、お子さんのもっと先の将来について、本人に考えさせて、一緒に語り合ってみて下さい。そうすればお子さん本人にとって納得のいく答えが出るはずです。子どもが興味ないならやめた方がいいです受験したら小学校の友達と会えなくなりますから