宇宙戦艦ヤマト2199 宇宙戦艦ヤマト2199ってガミラ。2199製作開始時点では続編の予定は無かったので、26話と言う限られた話数の中で、色々な事を消化する必要が有りましたからね。宇宙戦艦ヤマト2199ってガミラスの話に尺を取りすぎてるせいでヤマト乗組員の人間ドラマが雑になってませんか 宇宙戦艦ヤマト2199ってガミラスの話に尺を取りすぎてるの画像。宇宙戦艦ヤマト2199。ガミラスの反体制派や戦争捕虜が収容されている第十七収容所惑星の
レプタポーダ。この星の偵察に向かった古代は思いもよらぬ事態に巻き込まれる
。 第話 向かうべき星宇宙戦艦ヤマト2199。西暦年。人類は絶望の淵に立たされていた。外宇宙から襲来した謎の星間
国家ガミラスによる遊星爆弾により地球は壊滅的残された最後の希望。
それは。人類初の恒星間航行が可能な宇宙戦艦「ヤマト」で。ガミラスの攻撃
によって汚染された地球を古代守は死んでるし。森雪は生きたまま地球に帰っ
ちゃうし。いやと言うかガミラスこそ死んじゃってる?ヤマトってそんなに小
難しい世界観ではなく。コスモクリーナーを取りに行くシリーズとか。子供
ながらに毎回。

[。薔薇色のつぶやきの[ 宇宙戦艦ヤマト?リメイクもの ]カテゴリ全記事中
ページ目-件の記事一覧ページです。宇宙戦艦ヤマト 第26話
最終回「青い星の記憶」感想また。艦長が徳川さんと 「この船は良い船だ」
って言ってるシーンも素敵でした。ガミラスが同志討ちしてくれてるお陰で
ヤマトは亜空間ゲートに突入したのはいいけど待ち構えてたデスラーからの攻撃
を受ける理想と現実の隔離が甚だし過ぎて 唖然としちゃいましたわ。宇宙戦艦ヤマト事件判決。本件各著作物 ア 本件各著作物は,「宇宙戦艦ヤマト」の活躍をテーマとした
一連のアニメ作品であって,本件著作物1,4及び7は西暦2199年,地球
は宇宙の謎の星ガミラスから攻撃を受けて放射能に汚染され,絶滅の危機にあり
,人類滅亡イスカンダル星まで,放射能除去装置を取りに来るようにという
内容であった。ヤマトの版権が法律上はM&東北新社が移っているとはいえ,
最近の昔ヤマトに関わっていた人たちの発言にはあまりに酷すぎるものが
あります。

2199製作開始時点では続編の予定は無かったので、26話と言う限られた話数の中で、色々な事を消化する必要が有りましたからね。オリジナルでの「えっ?これ変じゃね?」と言う事を今の時代でも観られる内容にする事。その中には当然にガミラスに関する事も含まれていて、?何故、大マゼランで多数の星系を制圧しているガミラスが14万8千光年離れた地球を移住先に選んだ。?七色星団での戦いに、ドメルは僅かな戦力しか使えなかったのか大きく分ければこの二つで、これを解消しないと子供向けアニメの悪の組織が世界征服レベルになってしまいます。その為には、旧よりもガミラスの描写が必要になるのは致し方無いと思います。また、旧の「えっ?」の一つ。森雪のブラック労働環境の解消。その分にも時間が必要でしたね。それに、旧の古代が今から観ると結構ヤバい人物なので、それを削って行くだけで地球側の時間も減りますねw2202のガトランティスに使った時間に比べれば無問題です。