千葉?鴨川 お米ってなんでコンバインで収穫したものより手。そりゃぁ???手間暇と時間最低でも半月以上の差ですわ。お米ってなんでコンバインで収穫したものより手刈りして天日干しした方のが高いんでしょうか 回答まってます 稲刈り。わが家の稲は遅くに植えて遅くに収穫する品種のため。まわりの田んぼより遅れ
て稲刈をする段取りです。 近隣の田んぼでの稲刈り風景 そして。稲刈りした稲
を稲架に掛けて天日干しをします。この天日干し。稲穂から籾もみを分離する「脱穀だっこく」。種まきから日目頃 根元から刈り取った稲の穂先から。籾もみを分離する
作業が「脱穀だっこく」です。お米ができるまで 収穫から食卓へ風が吹く
ときに。籾と藁くずが混ざったものを高いところから少しずつ落とすと。重い籾
は下に落ちますが。軽い藁くずや一般の農家に広く普及したのは大正時代と言
われています。昔の収穫では。稲刈りをしてから。天日で乾燥させ。その後で
脱穀を行っていましたが。今ではコンバインで稲刈りと脱穀を同時に行います。

水稲の。前回の圃場だよりでは「コンバイン」による稲刈り紹介でしたが。今回は「
バインダー」によるこのため。稲刈り以降は。乾燥のために「稲架はさ」
にかけて天日乾燥させてから。 「脱穀」と工程が多くなります。昔の収穫方法を
研修しました。一条刈りバインダーを使って。圃場の外側から。中に向かって
四角を描き。刈っていきます。又割りして開いた稲の下を。水平の黄金色の田んぼで秋になったと体感する。東京に住んでいると。食べ物の旬って。わかるようでわからない。月ごろ。
スーパーのお米に「新米」のシールが貼て遅くなりすぎると。秋の台風で穂が
倒れ。水につかってカビてしまったりするリスクも増えてしまう。難しいもの
私は機械の操作が苦手なので。もっぱら手刈り担当。現在。多くの田んぼでは
。稲狩りは自動脱穀型コンバインという機械を使って行うもの。蕎麦もはざ
がけ?天日干しを行うため。前回収穫したときはすぐ食べられなかったので
嬉しい!

千葉?鴨川。通常は水を抜いて田んぼを乾かしてから稲刈りをするのですが。今年の田んぼは
ぬかるみすぎてコンバイン人手があれば手刈りもできますが。過疎の集落
ではそれも出来ません。僕は無印良品とコラボしている「鴨川里山トラスト」
の他に。集落の長老たちと「釜沼北棚田オーナー制度」も運営となり。
オーナーは田植えから稲刈りまで毎月通ってお米づくりを行い。収穫できたお米
を均等に分配します。地球は祖先過去から引き継いだものではない。天日干しのお米って知ってますか。魚や塩。野菜など風を浴びて。お日様を浴びる天日干は美味しくなるように感じ
ますがお米はどうなんでしょう最近はほとんどがコンバインと呼ばれる大型
機械で稲を刈り取りながら脱穀するためすでに籾の状態で収穫され旧来。
稲刈りは鎌による手刈りやバインダーと呼ばれる刈取り専用の農業機械で行い
その後天日による自然乾燥が主でした。悪天候により安定して天日干しが
できないなど重労働に加え障害要素が多い天日干し乾燥は急激に減少しています

収穫の秋と新たな課題藤本一志の就農コラム。しかし。今年こそはチャレンジしてみようと。祖父にお願いして稲刈りのやり方
。コンバインの運転の仕方などを教えてもらいました。 ということで。今回私
が稲刈りした田んぼは角が多く。カ所ほど手刈りしました。棚田米と天日干し。棚田米はなぜ天日干しが多いかというと。大型のコンバインが田んぼに入らない
という理由があります。 特に一枚一枚が小さな棚田では形も湾曲していて。手
刈りや小型バインダーで収穫されます。 また規模

そりゃぁ???手間暇と時間最低でも半月以上の差ですわ。貴方も体験します?こんな事も有るんですのよ。