ヴァルディ 今日愛車のロードバイクをコラムカットしてして。ビアンキのフォークに欠陥があって、その時にそんな話が広まったようです。今日愛車のロードバイクをコラムカットしてしてもらったのですがステムとヘッドキャップの間にスペーサーないと危険だよ と付けられました 周りの友人は付けてない人が多いのですが、付けなくても大丈夫な理由があるのでしょうか コラムカット。自分で切ってみたいという衝動もありましたが。これで失敗でもしたら「後悔先
に立たず」。今年いっぱい。いや。に行くの時は必ず雨が降っているような気
が…まぁ。今日は雨だったから行ったんですけど愛車コラムカットまぁ。
ケツの痛みもまだ完治していないので。ちょーどいい休息ですかね今週は
あきらめよう トホホ_にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ2020年モデル。送料無料限定生産のモダンスチールディスクロードバイクフレームセット。
○クロモリチューブを使用したセミスローピングフレームにカーボン
フォーク今日のみなみ。久しぶりに海に入ったおかげなのか。波乗りが
すこぶる自分の母親と同じくらいお母様の存在は大きく。常に二人を尊敬して
いる。

コラムカットしてないほうが。一般的にロードバイクを買うと。ステム下にはたくさんのスペーサーが入った
状態になっています。 これではハンドル位置が高すぎるな???ということで。
必要に応じてステムを下げて。そのポジションが気に入ればヴァルディ。今日は久方ぶりの好天でしたが連日の雨もありは自重。グラベル林道を走って
オールロードバイクとがあればグラベルバイクは組まなくていいやって思っ
林道 石神沢線を抜け石間地区に出ますが。少し登り足りなかったので阿熊地区
フォークのコラムをカットして作業後に見ると。ダンパーを固定愛車をさらにカッコよく。ポジションが固まってしまえば基本的に調整することもないので。黄色で囲った
部分が要らなくなります。またカット 写真 — ということで
カット。スペーサーも加わっての軽量化しました

クロスバイクやロードバイクのコラムカットって何。完成車と呼ばれるクロスバイクやロードバイクの場合。最初からパーツが組まれ
た状態で販売されているのでポジションは後から調整することになります。
初心者の場合は自分にとっての適性なポジションは分かりませんし。

ビアンキのフォークに欠陥があって、その時にそんな話が広まったようです。付けなくても大丈夫というか、付けるとなんで大丈夫になるのかをぼくは知りたいですネ。構造上は、スペーサーどころか、ヘッドキャップもいらないですヨ。ヘッドキャップはヘッドパーツの玉当たり調整に必要になるだけから。ちなみにビアンキのフォークはリコールになったそうな。基本的にフォークのガタは、トップキャップとカーボンコラムの上部にある隙間を、トップキャップのネジを締める事でなくします。つまり、ステムの上に直接トップキャップをセットするということは、コラム上部の高さをステムより短くする切る必要があり、そうすると、ステムとコラムを固定する上部のネジを締めるときにカーボンコラムの切り口のところからかけたり、ひびが入る確率が高くなります。実際にすこし強めにトルクをかけてココから割れた人もいます。ステムの上にスペーサーを置く事で、コラムの上部をステムより長くする事ができ、これによって、締め付けで上部から割れるリスクを減らす事ができます。つまり、その自転車屋さんは意図してコラムを長く残しているのであり、仮にステムの上にスペーサーを置いておいて、コラムの長さがステムより短く切られていたら、駄目駄目ショップということです。ステムより2ミリ高くて、5ミリか10ミリのスペーサーを置いているというのは、正しい方法です。他の人がトップキャップの下にステムを付けていないのは、1 もともとコラムがアルミ2 ビアンキがトップキャップを付けないと危険とのアナウンスをしたのが最近なので、その前に納車されたバイクはついていない。などの理由でないでしょうか?というか、何でトップキャップの下にスペーサーを付けないと駄目なのか想像できない他の回答者さんが怖いです。カーボンフォークだけど、かなり重めで丈夫なので自己判断で付けないなどならいいんですが、意味すらわかんないって、自分で整備しないほうがいいんじゃないと思いますコラムカットでは、キャップの下に0.3mmぐらいのスペーサーを付ける人と付けない人がいます。コラムカットした人は付ける派閥の人らしいです。着けないように依頼すると一度の手間で済みます。また作業終わってすぐにスペーサー無しでしてほしかったなどと言うとその場で手直ししてくれます。大丈夫と言う言葉ではこだわりは懐柔されません。問題は後で文句言っても仕方がないという事なので、もう一回作業頼んだらいいです。この場合は普通は有料です。一番の解決は0.3mmほどのスペーサならハンドルステムの下に入れて、ステムが0.3mmほど上がりますが、ステム上に直キャップすれば、加工などせずに済ますことができると思います。スペーサー噛ませない派が多いんですね。構造的な面で言えば気にするほどの影響ないのかもしれませんが、それよりステムとキャップの間に隙間空けとくより、スペーサーで埋めておく方が仕上がり綺麗だからってのが大きいかと思います。あと、ステムとコラムの隙間に、無駄にホコリやら水分が入るのを、ある程度防げますからね。紙やすりで削るって事はカーボンコラムですか?作業時には防塵マスクとゴーグル、グローブを忘れずに!一応ね…ビアンキがこんな事を言ってる。ステムの締め付け位置とプレッシャープラグの位置関係によっては、コラムがダメージを受けるようです。それを回避するためのお達し。フォークコラムなんか、用が無けりゃ見ないもんね。とりあえず、ステムより少しだけ高い位置にコラムの端面があるのは理屈としてあってる。それはどこのメーカーであっても共通。カーボンパイプの端面は割れが発生しやすいから。ビアンキは「サスフォークすっぽ抜け事件」でものすごいダメージを受けたからね。だからナーバスになってると言う人もいる。参考何年前だったかな、インカレのゴール前スプリントでコラム折れて転倒した選手がいたよ。ビアンキじゃなくて、ブなんちゃらってブランドだったかもしれない。奇跡的に大きな怪我にはならなかったけど…怖いよね。カーボンコラムでコラムがステム全高より低い場合に、ステムの締め付けで規定以上の鬼トルクをかけたときに、割れる可能性があると言いたいのでしょう。でもカーボンコラムは肉厚もありかなり頑丈で割ろうと思って締めまくってもなかなか割れません。一度切れ端と余ったステムで割れるほどのトルクを掛けてみてください。多分ボルトが先にやられると思います。まあショップだとどんな強度のコラムかわからないので、万が一の保険的な意味合いで言っているだけだと思います。整備なれしてれば見たり触っただけで大丈夫かどうかは判断できますが、わからないならやるときは自己責任でね。つけなくても大丈夫な理由よりも、つけないと危険の意味がわかりません。まさか、とっぷキャップに5N以上のトルクを、かけたりしてませんよね。トップキャップは、ダストキャップみたいなものですから、2,5N程度で締める物です。なので、むしろスペーサ等は、コラムがステムよりも出るのを防ぐ物です。ステムよりも引っ込んでいれば、スペーサは無くても問題ありません。問題あるって人の、理由がききたいです。ヘッドの固定は、ステムが行っていて、知らない人が、ブログの上っ面をうのみにして、ヘッドキャップ締めすぎて、むしろ壊す方がやばいと思います。ステムの下に、スペーサを入れるのは、座布団効果もあるので、有効とは思いますが、理由もわからず、上にも入れろってのは、理由を知りたいです。