ロシアの領土は過大か ロシアの領土は過大か アラスカ売却。まあ、アラスカは別として、地続きは手放していないですね。ロシアの領土は過大か アラスカ売却

なにかこう、ロシアや周辺国の事情を見ていると
いまやロシア自身が「ロシア遠征の泥沼」に
はまりこんでいるようにも思える

人口減で維持困難 そもそも入植時に流刑を使ったのが良くなかったのか
社会上層ほど西欧に憧れる傾向もある
多民族国家は民主化も難航しがち
維持困難だけど資源と地勢上の拠点は押さえておきたいのは当然

そうなると「国土を適正規模に分割、縮小」するのが解決策のひとつ
だがこれは彼らにとっては怖すぎる
?手放した領土にどんな体制ができるか分かったもんじゃない
少し前のトルクメニスタンのニヤゾフ政権とか欧米、中国の傀儡とか
現にウクライナ??あー??難しい
?かつてのアラスカ売却 これも大きい気がする

資産が管理困難だが手放したくもない だが自身の成長を阻害している
これはレガシーコストといわれるものですよね

ロシアとその領土は今後どうあるべきか
彼らにとってアラスカ売却はトラウマだろうか
日本にとってのペリー、マッカーサー程度には
それとも島原の乱くらいかな
某所で本物の旧ソ連圏のみなさんにアプローチすることも可能だが??
この話題は怖い 怖すぎる
とりあえずこちらで質問 詳しい方よろしくお願いします 数奇な歴史を持つロシア領アラスカ時代の古都。アラスカがかつてロシア領だった世紀初頭の頃。この街はその首都として機能
していました。年にロシアが米国に万ドルでアラスカを売却し。年
には州都がジュノーに移されましたが。シトカは今も

帝国がアラスカを売却したワケ。露米会社はアラスカの産業を支配し。他国との交易契約を独断で結び。独自の旗
と皮の通貨を持っていた。 このような特権を与えたのは帝国政府である。政府は
この会社から多額の税金を受け取っていただけでなく。アラスカ/アラスカ買収。アラスカ/アラスカ買収 1741年にベーリングが到達してロシア領となる。
1867年。アレクサンドル2世の時。アメリカに売却した。19世紀末に金鉱
発見。1959年。州となる。 ベーリングのアラスカ到達 アメリカ大陸の西北
端ロシアの領土は過大か。

まあ、アラスカは別として、地続きは手放していないですね。周辺国家は小銭と言っていますポーランド等。小銭なので、やりとりが有るということです。手放した領土に、反ロシアの政権ができない範囲で干渉はしないです。グルシアには介入していますね。親ロのアルメニアには肩入れしていますし。ナゴルノ?カラバフはアルメニアだけでは維持できないとおもいます。