ピアノと私 人生で迷走しています… 私は小さい頃からピア。井上陽水さんじゃありませんが、人生が二度あれば、なんてことを考えたりします。人生で迷走しています… 私は小さい頃からピアノを弾いていて、それからずっと音楽のことを忘れたことはありません 音楽に関わる仕事がしたいと思っていますが、自分に合うのが何かわからず今フリーターです レコード会社やライブハウスから、実際に自分が演奏する側になる…範囲が広いですが私は自分が演奏したいです それは趣味でも出来るかもしれないけれど、、でももっとそっち方面を磨き学びたいのです それで、いいですよね… 私には音楽しか取り柄がないんです 1度きりの人生なのに、何もしないで終わりたくないという気持ちと、夢なんか夢に夢見てるだけのことで自分なんかが叶えられないという気持ちが入り交じってもう分からなくなってしまいました 他人から言われる言葉は常に夢なんか諦めろ、それは趣味でやるべきだよ、現実みなよなど言われてきましたが そんなの自分からやって自分で失敗しなきゃ分からない馬鹿なんですよ そんなたった一言でやっぱり諦められないし諦めたくない 未練を残したまま生きる事が苦痛 まだまだ子供なのかもしれないけどもう数年経ってからじゃ手遅れ もっと自分の行きたい道に進みたいのに、気づけば離れてしまって、自分から避けて通っているきがします… こんな人生の壁にぶつかっている私になにか言ってくれませんか お願いします 今ならなんでも受け止めたいし、考えを広くしたい ピアノと私。てたまらない。たとえ大学を卒業し。農工ピアノ部を離れたとしても。私の
人生からピアノが姿を消すことはおそらくないだろう。でもピアノを始めて
みるとなかなか奥が深く。弾けば弾くほどピアノの難しさを感じています。
せっかくピアノ部小さい頃。母が弾いてくれた「エリーゼのために」と「乙女
の祈り」は忘れられません。 ほぼ毎日のようができます。 そうして多くの
音楽にもまれていくことで自分にとってのピアノ?音楽というものの見方が
変わってきました。

大人の手習い。人生もピアノも迷ってばかり。ずっと「ル?ローヌ」を練習しています。 他の
曲は。楽譜を見て弾きたいのですがさすがに。ずっと練習していると38
小節までは覚えてしまいました。それで燃え尽きてしまった。んですよ
。わたしは。 代半ばのころかな。 — ; ちい; ; [ 編集 ]私
は小さなころからピアノやってて。今は楽しんで弾いてます。「ピアノ」が人生のパートナー。我が家ではグランドピアノが一室を占領しています。ここの部屋で寝るときは。
頭半分ピアノの下に入り込んでしまうほど。普段は私が曲作りや練習のために
弾くことが多いのですが。弟もずっと小さい頃からピアノを弾い子供のためのピアノ教育:豊かな人生を送るために。大人になって音楽教室に来られた方の多くが同じセリフを口にします小さい頃
に。ピアノを習っておけばよかった。しかし。子供の頃からピアノを習ってい
た人の方が。進み方も速く。かなりのレベルまで行くことも事実です。
そもそも小学校高学年や中学校でも。合唱の伴奏などで周りにピアノを弾く友達
がいますので。「ピアノが弾けるといいな」年以上ピアノの講師をしており
ますと。小学校入学前に入ったお子様が現在では高校生ですし。小学校高学年で
他の先生

少しだけピアノを弾ける僕が。怒られることもなく「まあここからはあなたが決めなさい」って感じだったと
記憶しています。ただ全く弾かないかといえばそうでもなく。一年に一曲
ぐらいは練習して弾けるようにしています。ということでこんなレベルの僕
ですが。小さい頃にピアノを習ったときを振り返り。男の子にピアノを習わせて
いるご家庭に伝えたいことについて。おこがましくも書いてみたいと思います。
でも振り返ってみると。そんなことで保てたものなんて。人生にたいした影響
はないです。想い出の樹。ピアノって週に一度レッスンに来るだけで弾けるようになるわけじゃないんで
すね!家で練習私は子どもの頃。年生は時間。年生は時間。年生は
時間~と。母から説教されたものですが。これではキツすぎる。受験だなんだ
と途中でやめてしまい。一切ピアノを弾かなくなる人が多いように感じています
。ブログ内申し込みフォームでお申込みの場合。必ず送信完了画面を確認して
くださいね。。日しても私からの返信がない場合は届いていない可能性が高い
ので。

ピアノの力が生み出す人生の多様な可能性。子どもの頃からピアノを習い。演奏することは。学力の向上につながるとい
われる。ピアノの演奏はまた。直接的にピティナでは。そのために必要となる
勉強の場やコミュニケーションの場を提供しています。年間約回のセミナー
を開催ピアノ。ピアノな日々 子供の頃習っていたピアノを。年の夏に再開しました。
のんびりマイペースにやっていましたが。最近は。ピアノに対する思いがやや
上向きクラシックバレエアマチュアピアニストで人生100倍エンジョイし
てます。10万人ありがとうございます。今振り返ると初めのうちは色々変な事をしていたなと思います。笑そこから
クラシックピアノを中心としたにテーマを絞りました。他にも女装を
したり。色々迷走していた時期もありました。昔みたいにピアノを弾けるよう
になりたい。圧倒的な説得力と同時に。実はフォルテ様の人生こそずっと闘い
のフィールドで生きて来たはずです。私も子供の頃からずっとピアノを弾い
てきましたが。結婚して子育てが始まり。何年もピアノを弾く時間

井上陽水さんじゃありませんが、人生が二度あれば、なんてことを考えたりします。何をしていただろうか、と。迷い無く「生まれ変わっても同じ人生を歩みたい」なんてのは、極々一部の恵まれた人。九十九里浜のひとすくいの砂粒。私は子供に「幸せな人生を送りなさい。幸せは自分で見付けなさい」と言います。でも決して「偉くなりなさい」とか「稼いだ金で幸せになりなさい」とは言いません。人は幸せになるために生まれてくるのだと思います。でも、トランプタワーに住んで国民に総スカンを食らうことは幸せとは思えません。月に旅行に行ったり、弾けないストラディバリウスを所有することも幸せとは思えません。数年前までユニクロ会長は金銭的に何の心配も無い人生を過ごしていましが、今はどうでしょうか?ゾゾ社長だって月に行く前に破産かも知れません。でも、好きなことをやって破産なら幸せかも知れませんよね。幸せはあなたが決める事だし、あなたの人生はあなたのものです。夢破れてホームレスだとしても、やりたい事をやらずの人生より幸せかも知れません。赤の他人の無責任な発言は重々承知の上です。でも、無責任だからこそ、普遍的な意見である事もお忘れなく。袖すり合うも多生の縁。ほんのすこしだけ責任ある発言をします。期限を決めましょう。3年後?5年後?10年後?それはお任せしますが、その間は死に物狂いで、どんな手を使ってもやり遂げる覚悟で。夢の実現のためには全てを犠牲にして、その事に躊躇しちゃダメ。そんな生活を送れば、どっちに転んでも後悔だけはしないはずです。「生活のために」とか「仕事でチャンスを見送ってしまった」とかの言い訳は無しです。虎穴に入らずんば虎子を得ず。って知ってますか?表現者としてステージに立つということは表現して人に影響を与える人物。本当にその位置で活動したいなら勇気を持って飛び込みなさい。飛び込んでもほとんどの人が失敗します。周りが反対するのも普通のことです。それでも飛び込んで来た人のみが挑戦できるんですがそこからだって色々な能力を問われます。やる気だけは誰にも負けないんです。って言う気だけでは何も得ることなく終わります。ここでグダグダ夢追い人やってるなら来ないほうがいい世界です。夢は見てるほうが幸せです。叶えるためのの生き方は地獄です。何年も苦労と不安しかないし何もなく朽ちていく覚悟が必要。それでもって思うなら飛び込めばいい。でも質問者さんみたいな人は、誰かのせいにして夢を見てるほうが幸せだと思います。僕も音楽が好きで、よく自分のバンドメンバーとライブハウスに行ったりもします。演奏することは自宅でもスタジオでもできるし、ステージで演奏したいなのであればバンド組んで遊び性質でもいいからとりあえずその一歩を踏み出さなきゃいけないじゃないと思いますし、親にもずっと趣味でやるべきって言われて、現実的には確かに自分で稼いで生きていけるかどうかは肝心な問題です、なのでとりあえず仕事しながら音楽を続いてみてください、サラーリーマンの中に割とギターやベースうまい人いっぱいいますよ、よく楽器屋さんで見かけます笑笑それに、音楽を続けること、好きな楽器を思いっきり演奏できることは幸せだと思います、僕は事故でヘルニアと腱鞘炎になりました、元陸上でバスケと走るのが大好きだった、ヘルニアなってからそれはもう本当にもう二度できないことになって.僕はギターが中学生の頃からとっても好きで、腱鞘炎は大した病気ではないが一回かかったらなりやすいので不安が止まらないんです、もう昔みたいに好きなだけ弾くことが出来ないし、何より絶望感が時々湧いてくるんです、なんで僕なんだって、神様不公平だけどそれでも噛み締めてそんな毎日と向き合わなきゃいけないですし 僕の場合は、もう昔みたいにできないことが以上の3つありまして、しかも今は二十代前半ですし、他のみんなが輝いてるのに自分だけ置かれたっていうかなんていうか.絶望感が深い海のように自分をのみ込む感じです。 いろいろ残念だけど、僕も諦めるつもりはないんで、一緒に抗ってみよう。 ちょっと内容ずらした長文で失礼しました。人生は何かしなきゃいけないという事はないです。人はいつか死にますので、全ての事は死ぬまでの暇つぶし程度に考えて、ゆっくりやってみてくださいライブハウスでピアノ弾くのは夜なので、昼の仕事しながらでも出来ますよね??それとも、完全なプロでないとダメなのでしょうか??ピアノは、プロ並みに弾けるのでしょうか?結局は、夢がどうのという気持ちの持ちようではなく、現実にピアノがプロとして通用するかどうかが問題なのではと思いますが、そこのところは自分ではどう考えられてるのでしょうか??仮に今やると決断して、質問にある、数年経ってからプロになれる確信があるのかどうか??精神的に不安なではなく、ピアノ演奏が技術的にプロとして通用することに不安はない、と確信を持って言えるかどうか、という点に関して、どうなのでしょうか??門外の人間の考えで、わかったようなこと言ってご無礼しました??何でもそうなんですが中途半端が一番ダメ。ピアノを弾いて生きていきたいと望むなら周囲が何と言っても自分であらゆる手段をつかって両親に頭を下げて希望をかなえるべきです。それをする自信がないならきっぱりあきらめること。無難な確実に稼げて安心できる道を選んでください。人生はたった一度。どっちを選ぶかはあなた次第。ただ、私ならやりたいことをとことん追い求める。失敗してどうしようもなくなってからまた、考えるかなぁ。希望をかなえるために頑張ったことは自分の人生の無駄になるとは思えないから。でも、これも人それぞれ。しっかり悩んでください。