サンデーLIVE 安倍晋三首相は3日テレビ朝日の番組で日。アメリカと同等だなんて、本当にそう思ってんやったら、議員失格やで。安倍晋三首相は3日、テレビ朝日の番組で、日米安全保障条約見直しを主張するトランプ米大統領に必要性を説明した際、「安倍さんの説明は天才的だ」と言われたことがあると明らかにした 首相は「アジア太平洋地域の米国の権益を、日本の基地を使って守ることができる 米国の空母を整備する能力は日本にしかアジアにはない」と強調 「(トランプ氏に)そういう説明をすると、その段階では納得していただいている」と語った また、トランプ氏が6月、大阪市であった主要20カ国?地域(G20)首脳会議終了後に記者会見で改めて条約見直しに言及したことについては、「もしかしたら(見直しの)気持ちがあるかもしれないが、日米同盟は世界の平和と安定に大きく寄与している」と語った これに対し、立憲民主党の枝野幸男代表は「米国から必要性に疑問がある武器の購入が非常に急に増えている」と指摘 そのうえで、「プレッシャーを受ける中、米国からいろいろ押しつけられているのではないかと疑いを持たざるを得ない もっときちんと、米国に対し(日米同盟が)相互契約であることを訴えるべきだ」と主張した どう思いますか ご教示下さい 「サンデーLIVE。テレビ朝日「サンデー!安倍総理は高校生の時。倫理の授業中教師が安保
条約は日本の安全と繁栄に役立たないとなどを経て東京本社にいた年目に第
一次中曽根内閣で外務大臣に就任した父からの申し出年の日米安保条約改定に
全力を傾けていた岸元総理の自宅には連日反対派のデモが注目番組ランキング

日米安全保障条約60周年記念レセプション安倍総理挨拶。挨拶する安倍総理写真提供。内閣広報室 メアリー?ジーン?アイゼンハワー
さん。メリル?アイゼンハワー?アトウォーターさん。そして御来賓の皆様。
本日。日米安全保障条約調印周年のよき日を迎えました。 メアリーさん。私首相「トランプ氏から『安倍さんの説明は天才的』」テレ朝の番組。安倍晋三首相は日。テレビ朝日の番組で。日米安全保障条約見直しを主張する
トランプ米大統領に必要性を説明した際。「安倍さんの説明は天才的だ」と言
われたことがあると明らかにした。保坂展人。安倍晋三首相は日。テレビ朝日の番組で。日米安全保障条約見直しを主張する
トランプ米大統領に必要性を説明した際。「安倍さんの説明は天才的だ」と言

首相「日米同盟は極めて強いもの」。トランプ米大統領が日米安全保障条約を見直す考えを安倍晋三首相に伝えたと
表明したことについて。安倍首相は30日のフジテレビの報道番組で。28日
の日米首脳会談や自らが同席した過去の電話協議で日米安保条約の

アメリカと同等だなんて、本当にそう思ってんやったら、議員失格やで。アメリカは経済も軍事も世界最強やで。当然、条件かて厳しいのは当たり前や。それと同等。?悪いが、素人以下の認識やで。そんなんのが、政権与党やったんやで。過去とはいえ、ゾっとするわ。>立憲民主党の枝野幸男代表は「米国から必要性に疑問がある武器の購入が非常に急に増えている」と指摘。アメリカの同盟国である韓国までもがテロ支援の疑い濃厚で北朝鮮が核を保有しているというのにのんきな発言ですね。前後しますが。日本の基地全国で52かな?は世界一だと米軍は言っていますよ。なにが一番かというと整備能力です。ごくわかりやすいところから言うと職員が朝の9時なら9時にきちんとくる笑職員が帰った後、備品の数の点検をしなくてもよい笑まあ、ほんとうは技術的なところなんでしょうが外国の基地って上のようなレベルでしか見られていません。米兵に新幹線の整備の番組を見せたいくらいですけどね。というわけでアジアの安定だけでなく米軍の中東展開にも不可欠な日本の基地なのでトランプさんがいくら喚いてもなくすことは不可能です。米軍基地全面撤退なんてだしたら暗殺案件です。基本的には安倍総理の言っていることは正しい。ただ枝野さんの言っていることも一理あるかな?見直すべきところもあるのも確かだ。と思います。アジア太平洋地域のアメリカ軍は整備や補給、兵士の休養などで日本の基地に頼っているというのは紛れもない事実です。 総理の言う「空母の整備能力」というのは横須賀の6号ドックのことです。アメリカの空母は巨大なため普通の軍艦が整備するドックには入らない。アジアで整備できるのは横須賀にある旧日本海軍時代からの大型ドックしかありません。ここがなかったらアメリカの空母は整備不良で本国に戻らないといけなくなり、アジアに展開するなんて難しくなります。さらに日本には嘉手納基地や佐世保基地に膨大な燃料や弾薬が備蓄されています。日本の基地にある膨大な燃料?弾薬があるからアジアのアメリカ軍は一か月といった期間で戦争が可能なのです もし日本の基地がなかったらアメリカ軍は戦争になったら手持ちの弾薬をあっという間に使い果たしてしまいます。アジアのアメリカ軍は日本の基地なしでは戦えない。そういうことは普通の大統領だったら知っているはずで片務的なんてことは普通は言わないはずなんですけどね。まぁトランプは軍隊にも入ったこともないし国防関係の仕事もしたこともない元経営者だからかな?むしろ日本のほうが同盟関係で不利な条件になっていることもある。それが枝野さんのおっしゃっていること。具体的に言えばFMS対外有償軍事援助契約です。これは簡単に言うと防衛省から「こういう兵器がほしい」とアメリカに要望を出して向こうが提示した兵器と金額をそのまんま支払う。というもの。つまりアメリカの言い値で値引き交渉できない。また現金で一括先払い。だから向こうは金さえもらえば後は結構いい加減。実際に商品が来るのが遅れるなんて珍しくない。しかも買った後で「オプション料金」とか「サポート料金」とか要求してくる。買ってしまった以上、使えるようにするにはそれも受け入れるしかない。こんな買い方でイージスアショアやF-35を100機以上買ったらそりゃあ他に買うものに支障が出る。防衛省はFMSがあまりに高額になるため、国内の兵器製造企業へ支払うのを少し待ってもらうということまで起きている。いくらアメリカとの同盟が必要だからってこんな買い方で大量の武器を買うのはおかしいだろ?というのももっともな意見です。だから二人の話を聞いていると「だったらお互い国防に関しては話し合って一番良い案を国会で出したらどう?」と思います。まぁなかなか政治の世界では難しいのかも知れませんが。トランプに「安倍さんの説明は天才的だ」と言われて舞い上がるのが、今の日本のリーダー。馬鹿なのを見透かれて、いいように操られている。情けない、本当に情けない。こんなのを支持している日本人も本当に情けない。そりゃあトランプ大統領は安部首相を称賛しますよ!ちょっと誉めたらたちまち舞い上がってしまって数千億円、一兆円もの兵器、軍事設備を買ってくれるのですから。日米同盟の重要性は、トランプは安部首相に「天才的な説明」笑をされなくても分かっていますよ。ちょっと揺さぶりをかけ、そしてうろたえる安部首相を称賛して喜ばせ、また何か買わせるのでしょう。