まだ悩んでるの 新しくお金を刷って足りない分を補うのは何。足りない分を補うのはある意味正しい。新しくお金を刷って足りない分を補うのは何故ダメなのでしょうか
お金を刷り過ぎるとお金の価値が下がりモノの値段が上がってインフレになるのは理解しています
ですが全体に刷ったお金を 行き渡らせるのではなく、今後お金がたくさん必要になる社会福祉に限定して投入すれば大丈夫なのではと考えました 現在においても老人のケアや介護士の低賃金や医療に携わる人の減少で大変なことになっています そこを補う為の増税だと思いますが、なぜ足りない分が増税になるのでしょうか 足りないなら刷って補完ではダメなのでしょうか
たぶん経済についてかなり無知なので間違った考え方をしていると思いますので、わかりやすく説明していただけると助かります
よろしくお願い致します なぜ政府日銀はお金をじゃんじゃん刷らないのですか。どんどんお金を刷れば。円の価値が下がる→円安になる→貿易黒字になる→景気
が良くなる →円の価値が下がる→インフレになる→景気が良くお金を刷って。
国債を買い戻せば。お金も市中に出回るし。国の借金も返済されてどこがダメ
なのかご指摘をお願いします。さて。貴方なら。貸す予定も無いお金を利息を
支払って借りたり。保有している財産を手放してまで。お金を受け取りますか?

第3回紙幣はいくらでも発行できますか。金本位制というのは。たとえ景気が悪くなったりしても。そこの中央銀行が持っ
ている金の量の分しかお金を発行できないわけです。 景気のためにはお金の流れ
を良くしたほうがいい。ところが金の量しかお金が発行できないから経済が発展
し日銀って何してるところ。物価が上がったり下がったりするのは。なぜ?民間の銀行とは違って。日銀に
私たちが直接お金を預けたり。企業が融資をお願いしたりすることはできない
ということは。配当率が額面の%を超えてはいけないという決まりもあって
。あまり魅力的な投資先ではないけどね。というのも。かつて明治政府は。
西南戦争の戦費調達のためにどんどんお金を刷って。ものすごいインフレを
引き起こしてそこが複雑なのよね。でも。日銀は毎年新しい紙幣を発行して
いるんでしょ?

日本の借金は1000兆円。本連載では。親子で学ぶ絵本『池上彰のはじめてのお金の教科書』より一部を
抜粋し。お金をかしこく。上手に使うため反対に。商品が売れない。会社が
もうからない。給料も減った。仕事がなくなった。お金を使わず節約しよう。
こんなふうに経済の元気がなくなっていく新しく道路や橋をつくったり。公共
事業のためにお金を使うことで仕事を増やし。売れる商品を増やします。お金が発行される仕組みについて解説します。毎日の生活の中で。何気なく使用している「お金通貨」には紙幣と貨幣が
あり。毎年新しいお金が発行お金がやってくるのか。どんなルールで流通して
いるのか。ということをきちんと説明できる人は多くないはず。

まだ悩んでるの。だから。日本国民が日本政府に貸しているお金ということになりますね。 「
じゃあ借金ってしたらまずいんでしょ?いつか返さないと…」って思いますよね
。 ただ。日本政府日本の借金って。発行者が勝手に使って豪遊していない限り。経済に存在するお金は全て国民が
借りて使っています。分捕ってきた」のではなく「返済期限までに借金分の
労働をする」という信用=お金を新しく作ったという事です。ですから借り
てる相手が公的年金や郵貯であろうと。国民の労働が極端に足りなくなれば
ハイパーインフレで経済が麻痺します。そのうち。国債買う金が底をついて。
日銀がフル回転で印刷機まわしてお札を刷って買うか。日銀が渋れば政府紙幣
発行するかも。

1100兆円もある日本の借金。特にコロナ禍対策で世界各国せっせと公債を増やしてお金を刷っています。年金
を日本回答時の元の質問兆円もある日本の借金。日本はどうして破綻し
ていないでしょうか。今後はしかし日本の現状はデフレだから問題ないじゃ
ないか。それを例えば万円の機械を買って起業して。毎年稼ぎの中から
万円返して元本を返さないようにすれば。銀行は永遠に万円を稼ぎ事業は
続くわけなのです。ダメな借金もありますが。兆円全体がそれでは
ありません。困ってる人たちに現金支給を。生命維持に不必要な業界からどんどん切られていくのは。辛いし悲しいけど。
戦時下ってそういうもんでしょ。インターネットの人たち。国がお金を刷って
増やせるという発想がないかお金は一度使うと誰の所得にもならずこの世なぜ
国がお金を増やすことができるという事実に思い至らないのか不思議すぎる
金本位制の信望者なのだろうかから無能が増えて世の中ダメになってしまった
税金で補うべきは社会インフラであってセーフティネットはインフラ

足りない分を補うのはある意味正しい。インフレは、物価が持続的に上昇することです。物価は、需要と供給の関係で決まります。なので、需要が供給を上回り続けることでインフレが起きます。その結果、価格を上げ設備投資し給料が上がる。お金を刷ったらインフレになるわけではございません。ここの認識を間違うと、永遠に迷い続けます。社会福祉などに補填給料するのは、良いことです。実現するかどうかは国民の声次第です。まぁ、現実は、声を上げて署名を出すも報酬削られ、外国人を投入する始末ですが。補助金として投入するとインフレになるのか?なりません。人手不足が解消するだけです。なぜ、増税するのか?簡単に言うと財政法により税収内でやりくりしましょうよ。と記載されているからです但し、越えたら借りてもいいよ。なので、ただ単に増税しているだけです。増税するかどうかは、その時の経済状況によります。が、現在は、国民が増税を望んでいるので増税し、所得を減らして欲しいと望んでいるので、減らしているだけですよ。もうすでに政府はお金を刷りまくって、株式を買い漁ってますが。福祉職の給料が安い理由ですが、日本人の考え方によるんですよね。福祉は無料あるいは低価格で提供されるべきだ、福祉職は貧しくとも志があれば問題ない! いわゆる清貧みたいな。で、次に福祉職の給料を上げる方策ですが。ずばりほっときゃ上がるんですよ。福祉を市場で調達するようにすれば、給料は一気に上がります。わかりやすく言えば、人手不足となれば人件費を上げざる得ず、できなければ潰れてどこかに吸収されます。ですから、需要の多い福祉は大幅に給料が上がる訳です。高齢化により労働力そのものが不足となった場合、機械化効率化が図られどこかで均衡します。つまり人手不足分を機械化で補うのです。この場合も給料は確実に上がります。余談ですが、事務職は大幅に給料が下がります。AIの得意分野だからです。今の現状は、お上がサービスの価格を決定しているが、提供されるサービス内容と対価が合っていないという事。さらに事業者には同族経営も多く、適切な賃金を払っていない。持論ですがそれは、福祉や医療などに勤める方々も色々物を買ったりサービスにお金を払ったりするから結局の所社会全体に行き渡らせてしまい質問主さんもご存知の結果になってしまう恐れがあるからです。紙幣を増やして失敗した国々も最初はそう考えたのでしょうけどお金を発行するのが人間であれば使うのも人間なのですから何処かに注げば他にも流れるということなのではないでしょうか?長文失礼しました例えば詐欺で安物を高く売ったなんてのは一時的な事で、誤差の範囲というか、都度都度の被害でしょう?まあ、誰かが被害にあって場合によっては諦める??個々の損害??。で、増税だったら=継続的に毎度毎度続く課金ですよね。そして御対案の価値の根拠無しの増刷も継続的だと予想されますよね。だったら、後後いずれ時系列的に、その歪は広がって、少ない資源を多数が取りあうとかのインフレに繋がると政治的には恐れられての厳禁なのでは?